2011年2月8日火曜日

タルタオ島西岸 ちと静か過ぎた

2011.2.5のfishingのお話。
昼前からLeoさんと2人、タルタオ島北端から始めて、雰囲気のある磯を投げていった。
ダツさえ来ない。何も居ない。島の北側はいつもこうなんだよな。居ないはず無いんだが…。
バンガローを予約して再開するも、期待の西2番磯から4番磯まで生体反応なし。
ベタ凪。サラシなど全く無くて、落ち葉が浮いた海はトローンとしている。
これは大移動しかないな。大きく南へ12番磯まで下って、釣りながら北上することにした。ここもトローンだけど。
始めてすぐ、やっとLeoさんがポップクイーンでプラー・モンを釣る。小ぶりだが状況から見て良しとしよう。
8番磯、Leoさんプラー・モンを派手にバラシ。僕も昼から少ないバイトをずっと掛け損なっていた。
ようやく6番磯でラッキーのポインターSPにゴンと来た。マングローブジャック?いやハタだ。47cm、やった!
Leoさんがいいないいなを連発。君、中国人か?中国では「石斑魚」で最高級魚だしな。
5番で僕もLeoさんもプラー・モンを追加した。僕は完全に小物モード。シーバスロッドが満月に曲がって楽しい。
RIMG0807g CIMG0562
夕方は、Leoさんがバラクーダを追加した程度で時合も無く過ぎ去り、18:30納竿とした。
釣り時間は十分あったけど、海穏やかで釣り易かったけど、活性低く、応えてくれる魚が少なくて。
タルタオ島は国立公園酒類禁止法が適用されるようになり、食堂のファラン客も概して活性低し。
それでもLeoさんは、今回の弾丸釣行に過去最高との評価を与えている。それはなぜかな?
この日のブーム、京都市立小学校系ギャグのためではない。溢れる釣りの楽しさが2日目に待っていたから。RIMG0810RIMG0812g
place : Ko Tarutao, Satun Province Thailand
fish : Giant Trevally, Grooper