2011年2月22日火曜日

シミランJigging&Popping 災難越えて

2011.2.18のfishingのお話。
タイランドの3連休を利用してのシミラン釣行。昨年から予約を入れていた入魂の企画。その初日だ。
前夜17日、バンコク空港に集まったメンバーはTAIYOさん、コウジさん、ミヤさん、コウチャンさんと僕の5名。
しかしパスポートを忘れたコウジさんはAir Asiaのチェックインを拒否され、ドタキャン寸前まで追い込まれた。
コウジさんの携帯を押す手が震えたほどのピンチも、サービスアパートから控えをfaxしてもらって間一髪セーフ。
プーケットを経てカオラックの港を夜半過ぎに出港、予定通り早朝にシミランに到着した。
船頭の指示は、まずポッピング。ええっ?まだ暗くてよく見えないけど、どこに投げるのよ?結局バイト皆無…。
次はシミラン西かなり沖まで行って、パヤオ周りでのキャスティング&ジギングとなった。
TAIYOさんがシイラとツムブリで第一号(キャスト)、ミヤさんがスマガツオ(ジグ)、コウチャンさんがシイラ(キャスト)で続く。
期待してシャクるが僕は全然駄目。あかん、ジギング苦手だし…。
RIMG0841mt RIMG0847
さて次のパヤオ、引っ掛かっていたルアーを取ろうとした中乗り君の指にフックが深々と突き刺さった。
中乗り君、絶叫の後悶絶。フックはどうしても抜けず、治療のためシミラン第4島の海軍診療所まで大きく戻った。
島周り3km範囲は釣り禁止。それまでハリネズミのように立てていた竿を全て隠して全面降伏の姿勢で島に近づく。
ノリックの手術中、釣師はすることが無いので、皆で海水浴だ。青く深い海に魚いっぱい。あぁこれも極楽だなあ。
結局ノリックは4針縫って戻ってきた。治療費は客の魚2匹、おいおい。彼の怪我のおかげで2時間以上ロス。最悪。
午後はシミラン東沖でジギング。艫のコウジさんが小型ジグで大当たり、ツムブリやスマガツオを入れパク連発だ。
コウジさん、ジギングでGTまで釣ってしまった。なぜか僕もアシストしたという疑惑の釣法ではあったが(笑)。
RIMG0851 RIMG0853
他のメンバーはショートバイトに苦戦して伸びず、コウジさんの一人舞台。ドタキャン寸前だったのに、いいよな~。
次はポッピング。いつものサトゥンと全然違って、大型の漁船から目標物の無いキャスト。要領がつかめない。
僕は2階からブルースコードを投げてツムブリ1匹、バラシ2匹。ミヤさんとTAIYOさんは巨大ダツ。難しいね。
一回だけコウジさんにでかいバイトが来た。しかし3/0のフックが真っ直ぐに伸びてバラシてしまった。GTかサメか?
夕方、第一シミラン島の南沖に出て、駆け上がりでカンパチを狙うことになった。行ってみるとかなり潮が速い。
重くて長いセンターバランスのジグを落としてみるが、ヒラヒラ沈みながらドーッと潮下に流されてしまい、難しい。
どうすりゃいいのかと思っていると艫で歓声が上がった。
コウジさんがCB-ONEで底近くで掛けたヒレナガカンパチをゲット。狙い通りの81cm。素晴らしい体高と厚みだ。
DSC02444 RIMG0854
あとはミヤさんがスマガツオを釣ったぐらいで不調のまま日没。潮が速すぎて夜釣りも断念し、納竿となった。
振り返ればコウジさんとノリックが主役の一日だった。見事な満月が海を照らす下、早く眠って翌日に備えた。
place :Ko Similan
fish : Mackerel Tuna, Rainbow Runner, Giant Trevally, Amberjack