2011年2月11日金曜日

ブロン・キノ島 ポッパーに大外道

2011.2.6のfishingのお話。
ブロン・キノ島の周囲を何回も流した我々は、最後に北西端の大場所を釣ることにした。
ここは全方位キャストが可能。投げきった沖か?それとも足元か?魚はどこから出るか分からない。
Leoさんが7seasポッパー40gをショートポッピング、プラー・モンを上げた。Leoさん、朝からここで5匹目。
直後、左舷近くまでロングジャークしてきた僕のポップクイーンにガバッと魚が出た。合わせも決まった。
おぉ、力強いファーストランだ、と思っていたらどんどん力が強くなる。これは只者ではないぞ。
大場所なので、こっちはダイコーHemingway HBGC-77BDという強力な竿に持ち替えていた。画像一番左の竿ね。
魚はドラグからPE4号を引っ張り出しグイグイ走る。パワー勝負のつもりが、ポンピングで巻いてはまた出される。
船底を横切って左舷から右舷、また左舷、また右舷と激しく動く魚。勘弁してくれよ。
その度にロングテールボートの船首にある長い装飾を越えて、片手で竿をサイドチェンジ。バラさんようにね。
RIMG0804CIMG0568s
これは大変だ。GTか?大型ハタか?あかん、魚が見えてしもうたわい。サメだ……。道理で引くはずよ。
頑張って浮かせると爺助手がギャフ入れ失敗。また走られてその後も2回失敗。プロやろがっ!
2人がかりでやっと船に引きずり上げたのは145cm、23kg(市場で計量)のツマグロだった。
RIMG0826s RIMG0828s
普段はおとなしいらしいが、さすが人食い系をたくさん含むメジロザメ科、凄い歯がズラリと並んでいた。
船頭と助手が「要る!要る!」と大喜びなので可哀想だがキープした。何でも1,000バーツ以上で売れるらしい。
竿、リール、ライン、ノット、リーダー80lBは全てびくともしていなかった。疲れたが、ファイトは5分もかかってない。
しかしポッパーはボロボロ、ST46#1フックは伸び、スナップ100lbも伸びて外れてSカン状態になっていた。
Leoさんが「ありえない傷。よく上がりましたね。ついに幻のGT20kgオーバーかと思いましたよ」と。
僕も初めはそう思ってたよ。だって、ポッパーだもん……。
この軟骨系大外道、どう評価すべきか。ツマグロって……「ツ」が抜ければマグロだったのにな。
RIMG0827pbulon_kino
place: Ko Bulon Kino(in other name; Ko Bulon Rang), Satun Province / Thailand
fish:Blacktip Reef Shark