2011年1月29日土曜日

ブロン・レ島 西磯が素敵

2011.1.23のfishingのお話(続き)。
ブロン諸島はカシオペア座のようにWの形に並んでいる。
左上(北西の端)からW字の書き順に言うと、ラナ島、キノ島、レ島、マイパイ島、ドン島だ。
ラナ島~キノ島を釣り終えた我々は中央にある一番大きな島、ブロン・レ島へ移動した。
この島には住民がおり、ゴム園やバンガローがある。
西岸はリーフが複雑に入り組み魅力的な磯が点在する。この一帯がキャスティングのポイントだ。
CIMG0557 RIMG0782m
今回もそこを攻めた。何の変哲も無い小磯周り。
コウチャンさんと全く同じ場所に同時にワンダースリム90を投げ、僕がプラー・モンを一匹いただき。
お客さんの接待で自分が食ってばかりの営業マンみたいで、何だか申し訳ないねえ。
船は西端の岬へ。潮通しの良い磯周りを流していく。磯釣りなら最高のポイントだな…
突然コウチャンさんのポッパーが横に吹っ飛んだ。無事にプラー・モンをキャッチ、まだもっと居るね。
RIMG0774k RIMG0790
次は、ブロン・レ島の北にある沖磯(ヒン8)。
あまりの良さげな雰囲気にコウチャンさんとLeoさんが歓声を上げるが、波風が強くて大変だ。
僕に一発バイトがあっただけ。沖では大きなセイルフィッシュが垂直ジャンプを見せていた。
最後にブロン・マイパイ島でギンガメを追加して帰港した。
2日間3人でプラー・モン18匹。クイーン、ジャック、ハタを各1。バイトは釣果の3倍ほど。
2日目の強風と全般に小型だったことを除けば、何とも楽しい弾丸釣行だった。
この日Leoさんは、下痢から復活後の腸内異常発酵により、天然ガス量産体制に入っていた。
空路、機内の周囲の客の大迷惑も省みず、無意味な推進力を発揮しながらバンコクに帰還したわけ。
Leoさん、いわゆるヘタレではないが本物だったな。次回は健康体で行こうね。
place: Ko Bulon Le, Satun Province / Thailand
fish: Giant Trevally