2010年11月24日水曜日

バンプラ 小型キス豊漁

2010.11.21のfishingのお話。
GATAさんと2人でバンプラにキス釣りに行った。
バンプラはシラチャの北5kmにあり、昔のシラチャはきっとこんなのだったろうなと思わせるような長閑な漁村だ。
7:30に出船、すぐ沖のカキやイガイの棚の周りで釣り始める。船の床板が無くて↓、釣りにくいんだけどね。
RIMG0189 RIMG0418
何度か流したが、ホシギスが釣れないことはないがシマイサキが多いのと、やたらカニ網に根掛かりするので困る。
船頭はカニ網を避けて、かなり沖まで船を進めた。これでやっとトラブルからは開放された。
モトギスの小型が次々に釣れる。餌はイソメかエビ切り身。アタリの数は同等だが、取られにくさでイソメが有利だ。
ホシギスの方が平均すると型がよく、GATAさんが「何だ~走ったぞ~」と声を上げて竿を曲げている。
竿とリールが初めての船頭にもやらせてみた。初めは竿先まで仕掛を巻き切っていたが、さすが海洋民族。
すぐに慣れて次々にキスを釣って見せた。キャーキャー言って嬉しそうなのが笑える。
13:30、もう十分数を釣ったのと、何か型が良くなくてこれ以上やってもね…ということで納竿した。
RIMG0420RIMG0419k
帰って僕のクーラーを数えてみると、船頭と僕の2人分でホシギス34匹、モトギス130匹。新聞紙に乗りきらんわ。
新聞紙に並べた写真の左上がホシギスで右がモトギスね。(クリックで違いが分かる)
全般に型がちっこかったけど、キス上がりの僕としてタイランドでこれだけ釣れれば満足、満足。
前回(9/14)とは種類の構成も型も違う。この釣り場。季節ごとにどう変わっていくのか興味が湧いたね。
小さいキスは傷みやすいので、小めの100匹ほど鱗・頭・腸を取っておき、翌日のキス宴会に備えた。
RIMG0728 RIMG0424k
刺身・塩焼き・フライ・てんぷら・骨煎餅にて成仏。合掌。
place : Bang Phra
fish : Trumpeter Whiting, Northern Whiting