2010年9月6日月曜日

海上冷麺

冷麺。東日本では冷やし中華。夏の味覚。
タイは年中夏だけど、タイ料理には無いね。僕は最近、船の上で冷麺ばっかり。
無いって言ったじゃないかって?笑わないでね。カップ麺を水で作る。それだけ(爆)
これがさ、タイの炎天下の船の上で実に旨いのよ。
出来るのかって?楽勝よ。熱湯3分のところを、水なら倍の6分待つ。それだけでいい。
食えるのかって?大丈夫。タイ人はよく袋麺をバリバリに砕いて粉末スープかけて食ってる。
だから水掛けて食えないわけないでしょ。ちょっと麺に角(コシではない)があって、この食感が素敵。
味は一緒なんだけど、別の食べ物のような不思議な気分が海の景色と混じって非常によろしい。
RIMG0165rRIMG0166

一つだけ注意事項がある。
Mamaのトムヤムクン味などは調味油が小袋で付いてるが、あれがお湯じゃないと溶けないのだ。
水だとグリース状に固まって舌触りが悪い。ラードや生パーム油だからね。
そこで、冷麺向きのオイルの無い銘柄を使うわけ。
日清のカップヌードルシリーズは、この点で完璧。タイならポークかシーフードの2つが推奨。
今までは常温の水で作っていた。今度、クーラーでギンギンに冷やした冷水でやってみるか。
そこまでやって本当の冷麺だよね。あ~また食べたくなってきた。家で作って食うか(馬鹿)。