2010年9月4日土曜日

ズタボロルアー

下の画像はモルディブGT遠征に行く前と帰還後のルアー達。
木製なので、釣れるかどうかに関わらず、一回のバイトで穴が開き、数回のバイトでボロボロ。
傷から浸水して、次第に動きが鈍くなり、大きなフックが背負えなくなって沈み始める。
こうなると、ロストしてなくても、現地ではもう引退せざるを得ない。
Leoさんも僕もロストは一個ずつだったが、この噛み傷と塗装ハゲによる性能劣化には悩まされた。
DSCN4307l RIMG0079
だいたい素材が木製だからだめなのよ。例え初期性能や見た目が素晴らしくてもね。
ハンドメイドだからそうなるのだろうが、ウッドでなければならない必然性がユーザー側に無い。
おまけに塗料の考慮不足で、広い面積ごとパリッと剥がれるものが使われていたり(←日本製)。
この分野の商品は、工芸品や精巧な玩具であるより、強力な武器であってほしい。
たとえ高級品でも、1万円近くするものが1回で駄目になる前提で売られているなんて、ちょっとね~。
日本ではヒラマサのトップウォーターがブレーク中。この分野から海用大型ルアーの樹脂化が始まっているようだ。
食われても食われてもまだ釣れる、高品質で納得価格、そんな樹脂製ポッパー、ペンシルを希望!