2010年7月11日日曜日

復調シーチャン島でOB戦

2010.7.10のfishingのお話。
パタヤのマサトさん・日本からタケさんを迎えてシーチャン島沖に出た。
キャプテン・タン得意の南端で開始。アオコはほぼ解消し、無数のシラスが泳ぎ回っていて期待大だ。
マサトさんとタケさんはDAS、僕はKFC。異国の地でOB対抗戦っていうのもいいでしょ。
RIMG0017 RIMG0019t
さて、底にはびっしりフエダイの子供が居て、少し上でマブタシマアジを掛けていく釣りとなった。
タケさんにガーンと来て一発で切られた。何だろう?
それを見たマサトさん、ドラグゆるゆるで待つと、クイーンフィッシュ53cm。
僕にもガーンと2発来た。一匹はフックアウト、2匹目は大きくジャンプして5号ハリスを切っていった。
でかいクイーンフィッシュだ。ちゃんと対応できれば取れたかな?ちょっとデカ過ぎかもしれない。
殆ど毎回アタリがあるので、楽しい釣りになった。特にタケさんは毎回必ずアジ類を釣っている。
珍しいコガネシマアジも顔を見せてくれた。
RIMG0020 RIMG0025t
小型のアジ「カンルアン」が釣れると、キャプテンが艫から飛んでくる。「くれ。」泳がせで大型魚を狙うのだ。
キャプテンの大物仕掛けには2回食ってきて、素バリを引いていたが、3回目についに掛けた。
沖で豪快にジャンプしたのはやはりクイーンだ。手釣りでギャフ打ち。めちゃワイルドで格好いいな。
お見事86cmの良型だった。キャプテンはもう1匹81cmも釣った。クイーンが一杯いるぞと言う。
こんな日はポッパーを持ってきていたら釣れたろうに。惜しいことをしたな。
僕もタケさんも2匹ずつばらしちゃったし、キャプテンの魚を持たせてもらって写真撮っとくか。
RIMG0023 RIMG0024q
キャプテンの魚を貰ったら、クーラー2個パンパンになってしまったので、14時に納竿とした。
OB対抗戦はどうか。まず型の部。キャプテン圧勝で、DASマサトさんの53cm権利失効か(笑)。
数の部はタケさん爆釣でDAS。KFCは数・型とも無念、次回雪辱を期すということで。
シラチャに戻り、居酒屋で太陽の高いうちから3人でお魚宴会だ。
お二人は「こんなに釣れたのは45年前の夏合宿の牟岐大島以来」と喜んで下さったが、本当かな?
まあ、それだけ楽しかったってこと。天気もこの時期としては穏やかで、いい一日だった。
ということでシーチャン島復調、大型狙いがお勧め!
place : Ko Sichang
fish: Talang Queen Fish, Golden Trevally