2010年7月30日金曜日

バンサレー 珊瑚礁にルアー届かず

バンサレーの4,000バーツの小船を予約済み。船頭の質もどんな船かも一切不明。
餌無しで小物ルアーでもやってみようかと。ガチンコで。荒れたら金だけ払って退却もやむなし。
1~2人なら同行可能です。隣で餌釣りやってもらっても結構。
…という募集記事に誰の反応も無く、仙さんと出かけた2010.7.31のfishingのお話を続けて書こう。
実は僕の運転手が「親戚がバンサレーで船を持っている」と言うので予約しておいてもらったのだ。
僕からの希望は、なるべく小さい船で、屋根の無いやつ。餌も食事もいらないからと。
運転手が言うには4,000バーツだと。何だか高いなと思ったが、意外な展開があるかもと話を進めた。
さて当日の朝、運転手の案内でバンサレーのサパン・ダオに行ってみると、船頭が迎えに来ていた。
何で、キャプテン・トーやねん!船頭も笑っている。「リューかいっ!」
月初に乗って、でっかいスギを釣らせてくれたばかりの船頭。いつもの緑の船。
あのなあ、運転手よ。いつもと違う釣りをしたいから小船がいいと言ったのだぞ。
確かにキャプテン・トーの船は小ぶりだけど、普通の餌釣り船じゃん…。
僕と仙さんは朝イチからずっこけ。苦笑のまま穏やかな海に出た。
活イカが少しあったので、まずは海峡でチョンガームを狙ってみた。不発。ナッカリン猛攻。
次は、海峡の島側に鳥山が立ったので接近してみた。ナブラも出てる。小型のマブタシマアジだろう。
ジグを一生懸命投げるが、食わん。時々ガンと当たるのは多分……と思っていたら仙さんにダツ。ふうっ。
RIMG0055 RIMG0057
さて、本命のクラム島北側の珊瑚礁に移動。幅広いリーフが島から張り出し、エッジの外は砂地だ。
「キャプテン、リーフの上をノーアンカーで風だけで流してくれ。珊瑚のあちこちからハタが食うから」と頼んだ。
するとキャプテンは「珊瑚の上は浅い。危ない。駄目。珊瑚の近くならok」と。
リーフエッジを流してくれたが、珊瑚に乗り上げそうになるのを嫌がって「やっぱりアンカーしていいか?」
しゃあないなあ…。だからロングテールボートとか小船に乗りたかったんだけどなあ。ここで本日終了を覚悟した。
僕は屋上からぎりぎりリーフの中に投げ込むが、ちびハタ1匹のみ。距離遠すぎ。
一回ポッパーに派手なバイトが有ったのだが、掛け損なった。いつものことだ。
同じ場所しか投げられないので見切られて食わなくなる。アンカーしたままだからもう絶望的。
足元で遊ぶとアオリイカが3杯釣れたが、いまいち気合が乗らなくてね。
RIMG0062 RIMG0063
しかし仙さんとキャプテンの餌釣り班は好調。
リーフエッジは根掛かりが多いから普段誰も狙わないのだろうか。
海峡より一回り大きいハタやフエダイがパカパカ釣れている。
最後に小アジ釣りをしたいと頼むと、ジョムティエン南沖まで行ってくれた。
ショットガンで攻めると3種類のアジとサッパが入れ食い。めちゃ忙しい。
お土産十分となったので、バンサレー港に帰還した。
この日は運転手紹介なので割引料金。なんだか船頭がかわいそうだったが、次は正規料金で来るからね。
いや、次こそはロングテールボートで珊瑚礁に乗り込むつもり。ルアーだけ持って