2008年9月27日土曜日

シーチャン島をルアーで一周

2008.9.27の釣りのお話。
最近仕事に追われて釣行できずにいたが、パタヤのsokeさん・眞人さんからのお誘いで地元釣行が実現した。
朝のコ・ロイ船着場で魔寧蛇さんとお会いして話をすることができた。朝イチから大魚信である。
あちらは8人で高級大型船、こっちは3人でトイレも無い低速船。朝イチからえらい差だが頑張ろう。
カムヤイ島桟橋からそれぞれ慌しく出港した。
船は珍しくシーチャン島東岸を南に向かって走る。キャプテン・タンは片手でマグナム・ラパラを引っ張っている。
よっしゃ、僕もトローリングだ。ラビット×弓角で船の泡の消えるあたりを引っ張る。
いつもながらこの仕掛は鳥に大人気で、鳥の群れを引き連れてシーバースをくぐろうとした時、ガツーン!
古豪Penn99は跳ねまくるクイーンフィッシュをぐいぐい引き寄せた。前回同様59cm。うーん80cmが釣りたいな。
DSCN2574q
次は南端まで引っ張るが当たりなく、投錨して餌釣りだ。 
今日のマテアジ・マブタシマアジの群れは小さく、魔寧蛇さんの船や他船もここを諦めて他に移っていった。その後どうだったのか…。
そんな中、キャプテン・タンはエギのテキサス・リグ(!)でアオリイカをバンバン釣る、更に1kg近いでっかいスミイカまで。恐るべし。
午後はシーチャン島西岸を北上、またラビット×弓角を引くとマブタシマアジの42cm。もうちょっと頻繁に当たって欲しいぞ。
最後、タンパンビーチ沖でsokeさん・眞人さんが良型コトヒキを釣る中、僕はナブラを見つけてジグをキャスト。
そこでイトヒキアジ48cm、マブタシマアジ41cmその他が連続ヒットだ。今日の釣果の中心は殆どルアーだな。
DSCN2580msDSCN2581pj
更に帰り道もトローリングしたが、こいつは空振りだった。でもね、ルアーをシーチャン島一周引いたのでなぜか満足。
海色がもっと青黒ければ、トローリング系も面白そうだけど、ここはいつも緑系の水だからなあ。
そんな魚種が限定的という中で、ルアーが面白かった一日でした。
sokeさん・眞人さんにも、近場ボロ船ながら、お楽しみいただけたと思います。
place : Ko Sichang
fish : Queen Fish, Small Mouth Scad, African Pompano