2008年11月28日金曜日

度付きサングラスを諦める

シーラチャーでは、度付きサングラスのいいのが手に入りそうにないので、諦めた。
代打で登場したのが、度の付いてないないサングラス×使い捨てコンタクトだ。
偏光の2,600バーツのと、普通の4,400バーツのサングラス2個を買った。
何で2個買ったかって?一回使っただけで偏光のヤツ失くしたからよ(おばか…)。
2個目はRay・BanのRB3359ってやつ。
水中を見るわけでもないので、割り切って通常サングラスにしてみた。
フィット感はいいし、色は濃い目で、好天の先週も目玉を良く守ってくれた。合格。
コンタクトはScotland製のSoflensとかいう製品。1日用。30玉で600バーツ(1,600円)。
コンタクトがなかなかはまらなくて、出かけるときに苦戦するんだけど、遠くは見え見え。
僕は近視乱視で、このコンタクトは乱視矯正ではないのだが、全然問題ないじゃん。
そもそも、360度どの方向に装着するかわからないコンタクトに、乱視用があるのが謎だな。
しかし近くが…。老眼来てるのかな?コンタクトすると近くが見えない。
釣りの細かい手作業にやや難あり。ま、熟練の手業でカバーするとしよう。
総合すると、非常に快適に釣りが出来る。このセット、もう手放せませんな。
ちょっとした諦めから、釣り環境がズズ~ンと前進して良かった。これ、お勧めのコンビだね。