2008年10月20日月曜日

サメサンでバラシちゃった

2008.10.19の釣りのお話。
DSCN2598DSCN2599DSCN2602
エカチャイ、サラン、よね、リュージョンの4人でサメサン沖に行ってきた。
キャプテン・パンヤの船で沖の島のコーナーの激流にアンカーした。
主にチョンタレー(スギ)を活きイカで狙ったのだが、釣り上げたのはサランだけ(写真:87cm)。
あとの3人は何と全員ハリス切れで惨敗(ToT)。
僕のなんか1m級の良型で、いったん浮かせてカメラ待ちで竿を構えていたら、フッと軽くなった。あぁぁぁぁぁっ!
50ポンド(14号)のナイロンハリスがざらざらになって切断されていた。
ワイヤー仕掛を根掛りでロストした後で、交換を怠けてこうなった。反省でどーっと疲れたな。
米さんはいろんなルアーを繰り出していたが、魚達の反応空しく、脱力していた。
僕のアパートのドアマンであるエカチャイは、ニコニコしながら「魚バイバイ、1日ワンチャンス、かわいそうね~」
これからいい時期だから、サメサン・バンサレー方面ででリベンジしたいな。誰か一緒に来ないかな。
place : Samae San ~ Sattahip
fish : Long-finned Rock Cod, Painted Sweetlips, Stripey Seaperch, Cobia