2008年10月26日日曜日

シーチャン島、いつもの犯人はお前かっ!

2008.10.26の釣りのお話。
今日は近隣者同士で近場に行くという、ご近所釣行だ。
マークさん(日本人)・エークさん(19日記事のエカチャイ君)・僕の三人で雨上がりのシーチャン島に向かった。
キャプテン・タンの小船。午前に攻めた南端と西岸はアジが回っておらず、イトヨリ中心の暇な釣りだった。
時折出るナブラもパワーが無い。メタルジグには何回もバイトしたし、42cmのマブタシマアジも出たが、散発。
さて午後はシーチャン島の北側に大きく移動、ここでやっと調子が出てきた。
マテアジ良型が食いだした。29cmという、ここでは大きいイトヨリも釣れてびっくり。GTのパッチより大きいぞ。
DSCN2610iy
そしてマークさん、キャプテン・タン、エークさんが立て続けにプラー・クラウ(ミナミコノシロ)を上げた。
マークさんのは49cm。いい型だなと思っていたら、エークさんの小アジ泳がせの竿がゴーンと突っ込んだ。
艫まで回り込んだ魚に、エークさんはokumaの大型両軸リールで対抗、キャプテンが掬ってフィニッシュ。
80ポンドのナイロンハリスがザラザラで切れる寸前だった。71cm。4~5kgかな。
シーチャン島周りで、一日一回は正体不明の大型魚に切られるのだが、犯人はこいつだな。
PICT2627akeDSCN2614
今日は、僕は小魚ばかりで半分寝てたような釣りだった。
エークさんは「サヌック・マークマーク!(めっちゃ楽しい!)」と言ってたし、マークさんもいつもと全く違う新鮮な釣りだったはず。
総合すると今日のご近所釣行は、満足な釣果に加え犯人もわかって、めでたしめでたしということで!
place : Ko Sichang
fish : Ornate Threadfin Bream,  Fourfinger Thredfin