2013年3月29日金曜日

ジギングフック 無結束・無貫通

ジギングフック。不動のメインフックに昇格しながら、未だにアシストフックと呼ばれ続ける不幸な子のお話。
市販品は通常、結んで熱収縮チューブで覆ったり、根付糸中央に針先を貫通させてセキ糸で巻いたりしてある。
僕の自作品は無結束・無貫通、これ。ハリの軸に根付糸を添えてセキ糸で巻いて固めるだけ。瞬間接着剤?ノンノン。
コーティングにはフレックスコートというエポキシを使っている。ロッドビルディング(ガイドを巻いて塗る)に使うあれ。
右下画像をクリック拡大:エポキシ層の下に赤いセキ糸が巻かれ、その下に根付糸とハリ軸が並んで透けて見える。
ハリと各部材が強固なプラスチックで完全に一体化しているので、収縮チューブなどは不要だ。
RIMG4046 RIMG4050
チモト補強コーティグのように、ごく少量のエポキシの原液(主剤と硬化剤)を等量に混ぜるにはワザがある。
シリンジ計量など不要。フレックスコートは両液の粘度を合わせてあり、一滴の体積が等しい。これを利用する。
瓶をゆっくり傾けて滴の数を数えるのだ。主剤と硬化剤、同数を攪拌容器に垂らす。針10本なら5滴ずつでOK。
「ちょいちょい、巻いただけでは強度不足、抜けるんではないの」と心配だって?そこの奥さん。
しかし今までのところ順調。2回のシミラン遠征で使い続け、ぐらつき・巻き緩み等のトラブルは皆無だった。
10kg級の魚だったら全然平気の模様。30kgとか超えたらそれは知らん。これで釣ってみたいもんですな。
もし抜けたら、正直にここで発表するから、「抜けろー!」とか呪いをかけて待っててね。