2012年11月23日金曜日

アンダマン海で和風に攻める

サトゥンのキャスティング釣行では2日目途中まで14cm級ポッパーやミノーを投げたのだが反応薄し。
10cm級のミノーにサイズを落としたら食ってきたと前に書いた。それでは5cm級に落とせばどうなるかと。
ついに弓角がアンダマン海に初登場。大真面目にジェット天秤15号×フロロ8号3mの仕掛けで投げ始めた。
ヨーンさん、「ホントにやるんですか?」と苦笑。まずはアオ・ソンビーチの沖の砂地で投げて反応なし。
それではと6番磯南からヨーンさんのミノーと船頭のポッパーに挟まれる形で天秤×弓角を岸に向かって投げる。
RIMG0446jRIMG0444
ガツンと食う手応えがあるがフッキングしない。何回目かでグーンと重みが乗った。まずはプラー・モン45cm。
5番の岬周りでもプラー・モン51cmとクイーンフィッシュ69cm。北磯センターでもプラー・モン追加。バイトはかなりの数あった。
魚がボートに寄れば、まずジェット天秤を掴みリーダーを手繰って取り込む。ヨーンさん「餌釣り~」とさらに苦笑。
岸沿いの小さいベイトを食っている状況では、弓角のこのサイズが効くようだ。
RIMG0447qRIMG0458
何だか反則っぽいけど、弓角は日本の誇るトラディショナル・ルアー。その万能性はもっと注目されてよい。
小さいルアーを遠くへという要望に応え、独特の回転アクションで誘う。潔いシングル固定フックは魚体を傷めない。
何よりバイト数が多くて楽しい。大物に対して無防備だが、これはこれで良いんではないか?特に初トライの場所では。
place : Ko Tarutao / Satun Province / Thailand
fish : Giant Trevally, Talang Queenfish