2012年11月19日月曜日

ブロン島 開幕完封負け

静けさが戻ったサトゥンの海に久々に釣行した。同行はシャクリーズのヨーンさん。
船頭はスレイマン、助手はスレイマンの義兄でトランで漁師をしているスレイマン。ややこしいの~。
初日はブロン諸島を東から西へ攻めた。ドン島→マイパイ島→ヒン8→レ島→キノ島→ラナ島。
ここの海は冷淡。どこに行こうが投げようが全く釣れず、小型のチェースがあったのみ。大いにくじけた。
キノ島の岬に付いていたヨコシマサワラ61cm、ラナ島で痩せたバラクーダ91cm。キャスティングでは2人でこれだけ。
RIMG0422iRIMG0425
ブロン諸島はプラー・モンを狙う漁師や釣師が多いのと、ベイト不在とが合わさって、この日の完封負けとなったようだ。
変化に富んだ島のポイント巡りは実に楽しいのだが、これだけ釣れないと魚影が戻るまで来る価値無いね、ブロン島。
移動中ずっと曳いてたラパラも全くバイトなし。ただ春に船頭にプレゼントしたルアー・竿・リールを彼は使い倒していた。
このトローリングセットで、8月には1日でヨコシマサワラを16匹、最大13kgと爆釣。市場に卸して1万数千バーツだって。
コウジさんかJ2さんから僕経由で船頭に渡ったマグナムラパラCD18を見よ。満身創痍の漁具状態ではないか。
僕のあげたPENN114HLもプレートが日焼けして褐色になっていた。これぞ本来の使われ方。プレゼントしてよかった。
RIMG3399RIMG3404b
夜はブロン・リゾートに宿泊。充実した食事が嬉しい。設備必要十分な1棟2室のバンガローで8時間ぐっすり眠った。
place : Ko Bulon / Satun Province
fish : Narrow-barred Spanish Mackerel, Barracuda