2012年8月31日金曜日

パタヤでフカヒレ レンキー

ブアカーオ通りがパタヤ中央通りにぶつかる場所に、レンキーという料理店がある。
「張龍記」「LENG KEE」という真っ赤な看板ですぐに分かる。パタヤのあちこちで見かける「LK」のイニシャルも系列だ。
RIMG2507RIMG2508
大変な繁盛店で、また繁盛する理由も良く分かるな。安くて旨い。
それに24時間営業ときた。地元財閥がこの不夜城パタヤを胃袋から支えようという意思が感じられるではないの。
ここは中華料理屋のような名前だが、中華メニューは大して無くて、タイ料理の方が多い。
イチ押しはフカヒレスープ。濃厚な味付けのスープの底からしっかりしたフカヒレが無造作に出現する。
他店の薄味のバラけたフカヒレに慣れていると、ここのヤツにはガツンとやられるぞ。B300チョイと手頃なのも嬉しい。
RIMG2437RIMG3179RIMG3149レンキー
そしてカニ炒飯。何とワタリガニの身と鶏卵しか入っていない真向勝負。日によるのだが、これが超絶旨い時がある。
従業員がやたらに多くて、注文や勘定を間違えるのはご愛嬌。WEB上にはこの店の紹介が溢れているのでご参考に。
僕が何回も行って思うのは、通わせる、使える店だということ。覚えといて損は無い。