2012年8月17日金曜日

バンサレー お食い初め釣行

triphopさんちの双子ちゃんのお食い初めに出す「タイ」を釣ってくるという企画が催された。
バンサレーのキャプテン・スィットのマーク・マックス丸。
メンバーはtriphopさん、コウチャンさん、J2さん、コウジさん、漁レンジャー隊長さん、リュージョンの6名。
「この船、出るのが遅い…」との噂どおり予定より1時間遅れのスロースタートには笑った。まずは軍の桟橋の前で開始だ。
砂地に岩礁と漁業廃棄物(?)が混じる場所、皆にボツボツとハタが食ってくる。
RIMG0003RIMG0009
コウジさんに待望のスジハタが来て歓喜の声が上がった。超高級魚だもんね。
次はイラ島近くの海峡。エンジンを小刻みにon-offして潮に逆らいながら根を探った。
J2さんのインチクに何かが。良く走る引きで45cmの良型スジアラ。これはお見事。日本だったら2万円級?
コウジさんが「俺のよりデカイ…」とぼやくことしきり。釣りの借りは釣りで返しましょうね。
午後にかけて、イラ島の裏側から灯台島の南と丁寧に攻める。J2さんが再度良型のスジハタを釣ったのが目立った。
RIMG0010RIMG0012
実は僕はトローリングとキャスティングを楽しみにしていた。それじゃお食い初めのタイが釣れないって?そやねん。
でもトローリングではでかい横縞サワラが期待できるし、最近マイブームの弓角がここのナブラにどう効くかワクワクだし。
だから出港してすぐも移動中も、皆の話の輪に加わることも無く2本の竿で一人艫からルアーを曳いていたんだ。
ハタを狙いながらも目は常に遠くの鳥や海面の様子を追った。結果はトローリングが皆無、キャステイングが3バイトで無魚。
この日は表層の活性が低く全然駄目だったということ。ハタやフエダイの方もJ2さんのスジハタを除くと低調だった。
ショットガンもやってみたが、水道部やイラ島周りは例によって全くアジ類がおらず、小型のフエダイやハタが釣れるだけ。
RIMG0014RIMG0016
沈滞気味のまま16時に納竿した。ただ、この船は燃料代を惜しまずに釣り人の糸筋を見て操船してくれるから有難い。
ジグやタイラバやインチクなど、疑似餌釣りしかしないこのメンバーにとっては特にね。
港を目指したが桟橋まであと20分の時点から横殴りの大雨となった。桟橋に着いてもあまりの雨脚に誰も外に出られない。
僕は着替えが2セットあったので、びしょ濡れ覚悟で荷物を車に移してお先に失礼した。
そこからが地獄だった。普段1時間で着く道のりが、連休の糞渋滞で2時間半。何で16時納竿で帰宅20時やねん!
triphopさん家のお食い初め(←LINK)は、翌日2匹のフエダイで執り行われたと。健やかな成長をお祈りします、おめでとう!
RIMG0019RIMG0025
place : Bang Sare
fish : Vermicular Cod, Long Finned Rock Cod