2012年8月7日火曜日

シーチャン島 二船に分かれて


シーチャン島沖に2船で出漁した。天気はうす曇で涼しく、釣りには支障ないが西風がやや強かった。
僚船はキャプテン・ワンチャイの操船で、列島南端で粘った。メンバーはJ2さん隊長に6名。
こちらはキャプテン・タン船。島の東側を南から北へ移動しながら釣った。メンバーはエリオさん、sodaさん、僕で3名。
 P1010556t RIMG3117本船メンバー&寮船
始めはカンカオ島の東岸の駆け上がりでスタート。他船と並んで皆で餌釣りしたけど雑魚しか食わない。
僕だけは弓角でキャスティング。これに第一投からバイトしてきた。マテアジだ。遠くで掛けて巻いてくるので結構バレる。
それでも良型を含め8匹のマテアジを釣ることができた。皆がゼロの時によ。ヤマシタ・プラ弓角45mm畏るべし。
シーチャン島では主に小さいベイトに付く小振りな対象魚を狙うので、ルアーなら7cm以下がいい。弓角ぴったりでしょ。
弓角自体は重さが無いので、スキップバーニー15号を付けて投げた。ジェット天秤でも代用可能。試してみてね。
次は焼却場沖の沈礁周り。極端に浅い。sodaさんとエリオさんにワーム付きの仕掛を提供、ショットガンの操作を教えた。
これで攻めるとマテアジやカンルアンがボツボツ当たるようになった。面倒な餌付けが無く、好評だ。
 RIMG3119RIMG3122弓角とマーマー
喰わない時間帯に常温水で作ったカップ麺で昼食。最近出たマーマー・グリーンカレー味は最高だ。僕の持ってるほうね。
なぜ今まで無かったのか不思議なくらい麺とマイルドな緑カレーの相性抜群、適度な辛さも爽快。冷水対応だしね(笑)。
潮が引くと食いが落ちたのでカーム・ノイ島の南へ大移動した。船頭はここで結構粘った。
ここは餌を付けると黄色い小魚がハリの数だけ付いてきて、2人とも閉口していた。ショットガンしか選択肢がないね。
群れは小さいが、回ってくるたびにマテアジ中型がバタバタっと釣れたが、続かないのよね。
 RIMG3124RIMG3128エリオさんと3人の釣果
最後の1時間、列島北端のコ・サンパンユ東側にアンカーした。いきなり弓角でマブタシマアジ2連発、ああうれし。
ここは良く食った。3人のショットガンは休み無くマテアジを撃ち続け、クーラーはみるみる満タンになった。
いくらでも追加可能だったが、14:30、これ以上釣っても仕方ないので納竿した。
大物が来なかったのが残念だが、十分な釣果を得て満足、16時の連絡船でシラチャに戻った。
僕は朝から餌を全然使わず、弓角とショットガンサビキだけで豊漁。皆さん認めないけど、一応ルアー釣り師だす(笑)。
僚船は南端で朝から午後まで移動せずに粘り、大型無しながら釣れ続けて大漁。アオリイカも数釣ってたね。
漁レンジャー3名はそれぞれのミッションのために帰還したが、残り6名は白魚でジョイントして、魚宴会となった。
バンコクから油売りさんもサプライズ合流して楽しかったな~。料理で一番のヒットは「餌」のカタクチイワシ素揚げ。
獲れたてのを職漁船に貰ったので、一部を持って帰ったのだ。あまりにも旨くて全員でポリポリと一気喰い。
次回から餌を貰ったら釣り止めて「帰ろかっ!」との冗談が出るほどの逸品だった。釣師特権メニューだね。
そうそう、多めに釣った時の恒例「魚配布会」をアパート前で実施した。おばちゃんの火花散って魚瞬間蒸発。ワロタ。
RIMG2886RIMG3133家政婦ガチンコ
place : Ko Sichang
fish : Yellowtail Scad, Small Mouth Scad, Smooth Tailed Trevally