2012年9月11日火曜日

バンプラ 静かな海でキス豊漁

マヒマヒ大王コウジさん、J2さんとバンプラにキス釣りに出掛けた。
タイランドのキスは乾季の対象魚で、大量の真水が湾内に流れ込む雨季終盤は不向きとされている。
その上、連日豪雨と強い南西風が続いて開催が危ぶまれたのだが、当日は静かな凪の海が迎えてくれた。
小さなカニ漁船はバンプラ沖2km程の場所に進んだ。アンカーを宙に垂らしてドテラ流しだ。
3人とも同じようなタックルだ。ショートロッドにPE1号~2号、オモリ8~15号、天秤使用、2本針。さて、釣れるんか?
コウジさんは既製品のキス仕掛け。J2さんはフライ針を使った自作仕掛け。僕はキス競技用7号を装着。
一投目からJ2さんの竿が大きく曲がり、ダイミョウサギが釣れた。あとはヒイラギばかり。
もっと沖へ移るとヒイラギに混じってピンギスが上がるようになり、やがてキスが優勢になってきた。よしよし!RIMG0082bp RIMG0079jk
沖からの風に乗せて緩やかに船を流し、水5m程の砂地を探っていく。鋭い魚信でモトギスとホシギスが食ってくる。
海底に仕掛けてある網の上を船が通ると、全員一斉に根掛かりで悲鳴があがる。それ以外は快適そのものだった。
シラチャの町並みの左のほうに僕のアパートの茶色い屋根が見える。空気は澄み、沖のシーチャン島の緑が濃い。
朝からの凪が午後までずっと続き、餌をイソメからエビに変えてもキスの食いは変わらなかった。小魚信の極致(笑)
コウジさんは仕掛けの絡みにやや苦戦、J2さんは貴重な天秤の根掛かり紛失に怯えながらの釣りだった。
ベタ凪のためキスの鮮やかな魚信は一層ビビッドに感じられ、底から上がってくる魚の姿も早くから見えて楽しい。
コウジさんは昼過ぎまでイマイチ不調だったが、終盤調子を上げて、チョイ投げで毎回ホシギスを連発した。
J2さんはベイトリール。キャステイングトラブルを避けて竿下に専念していたが、コウジさん好調に辛抱も限界。
「バックラッシュして切れるかも…」と言いながら投げた瞬間にプチっとラインが切れて、貴重な天秤を単独飛行ロスト。
「あーホントに切れちゃった!根掛かり引っ張ってラインが食い込んでたから…」とぼやくことしきり。
RIMG0084RIMG0088
餌切れとなり14:30に納竿。釣果は豊漁、各自60~80匹程度。船頭からも50匹ほど貰って260匹のキスを持ち帰った。
出る前は天気が不安だったし、出られても20匹ずつぐらいかなと各自思っていたので上出来だ。
僕のアパートでシャワーと休憩を済ませ、「白魚」にキスを持ち込んで3人での宴会だ。
白魚厨房はシーチャン島に行った人の釣果10人分対応で大忙し、そこにキスを頼んだのに料理の手際は良かった。
まずキスの刺身と湯引きの盛り合わせ。薄皮を旨味に変える湯引きって素敵な調理法だな。日本酒でいただく。
RIMG0089RIMG0091
次はてんぷら。やはり少人数だとカリッと丁寧に揚げてくれる。さすがキス天、てんぷらの王者降臨ですな。
天つゆ良し、塩でも良し。うまい…と感嘆の声が続く。
調理に手間が掛かるので、いつも最後はフライとなる。濃厚なアジフライとは対極の味。ビールでいただく。
ふわっとした白身がカリカリの衣とソースに合わさると完璧な味が出現。新鮮なキスはどう食っても旨い。幸せ。
総合結果=本日の我等が釣りに一片の悔い無し!
place : Bang Phra, Chonburi Province, Thailand
fish : Northern Whiting, Trumpeter Whiting