2012年4月29日日曜日

モルディブGT遠征 ④3日目も苦戦


アンカーを上げたボートは大環礁の縁を北に向けて進んだ。
前回日本からのグループが数釣り好調だった場所だ、状況は良くなってくる、と聞かされた。
しかし実際には非常に厳しかった。午前中は3人で数回のバイトを貰っただけ完全ボウズ。
炎天下で体力の消耗が激しい中、僕は150gポッパーでGTを3回出したのだが、どうしても掛からない。
昼食後、ついに子泣爺さんが強烈なバイトを掛けた。糸の出が止まらず、子泣爺さんはすぐに汗だくだ。
艫に移動した頃、魚も見えてないのにクルー達が「サメ、サメ」と笑っている。見えてきたのはツマクロ。
船がギューンと前進するたびに大きなサメがどーっと後方に流され、巻いても巻いてもきりがない。
やっとローデッドを咥えたツマグロがリアデッキに上がってきた。
疲労困憊の子泣爺さん、「絶対GTと思ったのに…。あれ釣ったらGTは上がる」
そして、「ファイト5分と聞いてびっくり。死ぬ程長かった…」とも。楽しいことは短いが苦しいことは長く感じるからね。
P1010379sRIMG2645
ボートは好ポイントでも結果を出せないまま、ガーファル・ファル大環礁に移り、そこを反時計周りに進んだ。
あまりの釣れなさに断酒を破ってロング缶ビールを飲んでしまったコウジさん、一撃でダウン(ほらほら)
ルーフデッキのベッドでコウジさんがお休み中、やっとこの日の遅いドラマが始まった。
13:40、子泣爺さんのローデッドにミスバイト。「あぁ~」と声が上がる。しかし直後で来た再バイトをガツンと掛けた。
子泣爺さん99cm真っ黒のGTをキャッチ。「サメの引きの半分以下。でも黒が綺麗、顔がいい!」とご機嫌だ。
続いて10分後、また子泣爺さんがGTをフッキング。今度は真っ白な93cmのGT。子泣爺さんのローデッドが好調だ。
不調のコウジさん、「もうなりふり構わない」と手持ちルアーの総動員をかけたが、バイトは殆ど子泣爺さんに出るのね。
RIMG2647RIMG2650
僕は15:00、ようやくProkik Bigmouthの遠投でGTを掛けた。95cm、この不調の中、満足、満足。
夕方は子泣爺さんがバラフエダイ、コウジさんがスマガツオと、久々に食料調達に成功。その分、夕食は豪華だったね。
期待の3日目も苦戦。特に2日連続GTボウズのコウジさんは冴えない表情。不運もあるがバイトの絶対数が少なすぎる。
最終日はクルーは「帰ろかモード」になるので午前中が勝負になるだろう。あきらめずにキャストを続けるしかない。
僕は右投げと左投げを織り交ぜているので暑さ以外の疲労は無いのだが、コウジさんと子泣爺さんはかなりお疲れの模様。
僕が持っていった筋肉痛用の軟膏をやたらに使って「コレが無かったら釣りできてない」と笑う子泣爺さん。頑張ってね。
P1010433 RIMG2662
place : Northern Malé Atoll & Gaafaru Falhu Atoll, Maldives
fish : Blacktip Reef Shark, Giant Trevally, Red Bass