2012年4月18日水曜日

モルディブGT遠征 ①脱スロースターター

タイのソンクラン休暇を利用して、現地4日間の日程でモルディブに遠征した。
発起人のLeoさんは日本に帰任して参加不可となり、バンコクのコウジさん、チェンナイ(インド)の子泣爺さんと僕の3人。
出発前日夕方にスマトラ沖で大地震があり、インド洋全域に津波警報が出た。何という!
情報収集の結果、モルディブでは避難で大変だったようだが、津波被害は全く無かったことを確認。よし、決行だ。
初日は北マーレ環礁の南部内側を北西方向に横切りながら釣り、さらに環礁西岸を北上するコースを取った。
大環礁の中に無数のリーフがあって次々攻めるのだが、1リーフで1匹釣れれば上出来とのこと。
大環礁のアウターの方が概してGTが豊富だという。
RIMG2546RIMG2550
朝食直後の8:30、3人のトップを切ってコウジさんが掛けた。新しいカーペンターの竿に同社のルアー「ブルーフィッシュ」だ。
コウジさん、終始笑顔でやり取りを楽しみ、艫でキャッチしたのは109cmのGT。
「ま、普通かな。やっぱハイエンドやな。あれだけ金掛けたんだしな。」
「これでもうスロースターターとは呼ばせない。精神的に楽だ!」とご機嫌なコウジさん。
ブルーフィッシュRIMG2552RIMG2554
9:30、サブロッドで投げていた僕のローデッドに大魚信。しかしファイト時間短くバレてしまった。
直後、僕のローデッドにまたヒット、今度はガチ掛かり。ダイコーHemingway HBGC77BDは余裕で99cmのGTを浮かせた。
ああ、来た甲斐があった。1日1匹の目標を早く達成して一安心だ。
子泣爺さんは朝からローデッドばかり投げている。インドでこれでGTを釣ったからお気に入りらしい。
しかし来たのはアオチビキ。「美味しかったです。皆に喜んでもらえて嬉しい」とはその晩の子泣爺さんのコメント。
RIMG2559h RIMG2561
午前中は各自1時間に1発程度のバイトがあったが殆ど掛からず、「ごはんだよ~」の声に道具を置いてキャビンに向かう。
すかさずコウジさんの竿でキャストしたオフィサーのクレちゃんが、一発でGTを掛けた。強烈な三段合わせを見舞っている。
「コウジさ~ん、クレちゃんがコウジさんの竿で掛けたよ~」
コウジさんは、「いいよ…(客が投げてる時に食えよ…)」とおかんむりのまま食卓へ。
それではと僕が竿を受け取って引きを楽しませてもらった。上がってきたGTは104cm。GTγで釣れた唯一のGTがこれ。
RIMG2565f RIMG2577
コウジさん、リュージョン、中乗り君とGTを釣って、まだの子泣爺さんにプレッシャーが掛かる。
しかし子泣爺さんは炎天下で不休のキャストのあまりの厳しさに絶句。「これが4日間続くの?」と。
そうなのよ。釣れば楽になるって。でも釣れないと地獄よ。
天国のように美しく静かな海に360度囲まれて、地獄の苦しみを味わう。さあ、夢と現実がぐるぐる回り始めた。
place : Northern Malé Atoll, Maldives
fish : Giant Trevally