2011年10月29日土曜日

タルタオ島 乗り切らない日

RIMG1689RIMG1702
夜明けなら食うかもしれないと、朝イチにブロン・キノ島を攻めたが全く生体反応がない。
すぐに見切ってタルタオ島に転戦、4番磯から始めて南下しタルタオ富士で折り返してくることにした。
前日調子が良かったのでもらったも同然と思っていたが、まさかそんなバナナ…というほど食わない。
チェースだけで見切られたり、バイトだけで掛からなかったり。
ルアーのサイズを落としてやっと掛けたプラーモン、船べりで思いっきり走られ#2のハリが伸びてバレた。くっそ~(泣)
RIMG1694t RIMG1693t
投げ続けて10:40、12番南の土石流跡。僕のラッキーのミノーにガツンと乗った。
この日の初プラー・モンだ。、「よしっ、帰ろか!」とコウジさんの奮起を促す。
しかし、コウジさんの往路はマングローブジャック1匹のみと大苦戦。チェース・バイトは多いのだけどね。
寝るわけにもいかず帰路も頑張っていると、11番横の地味な入り江の膝位の水深の場所でコウジさんが一発掛けた。
コウジさん、締め忘れたドラグからビューッと糸を出され、全然岩場から引き剥がせない。そしてスコッと外れた。
ルアーを回収してくるとプラー・モンが3匹ほど懲りずにチェースしてきた。
僕も同じ浅場にキャストすると一発で乗った。ごっちゃんです。この嫌がらせのような釣り方に苦笑するコウジさん。
スレイマン船頭は「まだ食うよ!」と船を旋回させて、もう一度同じ場所に投げるよう勧めた。
僕が「魚もそこまでアホやないやろう?」と言う中、バラして釣られて悔しいコウジさんが真面目に岸ギリギリにキャスト。
着水同時にザッバーン!プラー・モン50cm釣っちゃいました。「そこまでアホやとは知らなかった!」と二人で大笑い。
RIMG1697tRIMG1701
その後もバイトはあったが掛かりが浅く、どうしても釣り上げることができなかった。
攻めた磯は良く釣れた前日と同じなのだが、釣れないのが運なのか活性の低さなのかは分からない。
この日は風がなく、常に前進しながらのキャストになってやや釣りにくかったのが悔やまれる。
やはり風と潮に乗せてナチュラルドリフトで次々にポイントを撃っていけるような日がいいよね。
愚痴もあるが天気良く、十分楽しかったし、また行きたいとの思いがますます強くなった釣行だった。
place : Ko Tarutao / Satun Province, Thailand
fish : Giant Trevally