2009年4月25日土曜日

新兵器 ダイコー・プレミアを飾る

日本でダイコー PREMIER PMRJ-90H という竿を買ってきた。
今あるシーバスロッド(アルテサーノ9'6")が30gまで、GTロッド(フォキート8'3")が90g以上。
そのすきまの40~80gという手頃なルアーを投げる竿として、7フィートぐらいのシイラ竿を探していた。
お目当ては、ダイコー ヘミングウェイHWC-710とか。でも店頭に無くてね。
そこで見つけたのがこれ、プレミア。ブルーランナーという愛称が付いてるやつ。
磯から青物をジグで狙うための竿で、9フィートとボートには長すぎるが、適合ルアーは40~80gとピッタリだ。
安いけど、なんたってダイコーだから性能は間違いない。よしこいつだと買って帰った。
ところが家に帰ってよく見るとだ。シングルラッピングに灰色のベタ塗りで、色気も何にも無い竿なんだ、これが。
戦闘という目的のためだけに生まれた軍艦にも似た…。
その上、各ガイドのかかと部分にスレッドが巻かれておらず、2mmぐらいむき出しになっている。
タイ人のおねえちゃん見て、ヒゲぐらい剃れよ、と思わずつぶやきたくなるような感じにも似た…。
DSCN3214
これを見て決めたね。「僕が、補強も兼ねて、ブルーランナーらしくしてやる」、と。
タイに戻って、青いメタリックスレッドのD番を買い、全てのガイドのかかとの上の部分を巻いた。
メタリックスレッドは弱いから装飾専用なんだが、無いよりマシでしょ。
そして、エポキシでコーティング2回。タイの気候はいいよね、早く固まるから。
それでも塗ってから最初の2時間ぐらいは、5分毎に90度回転させて、液垂れを防ぐ。忙しいのよこれが。
ジムにも竿を連れて行った。マシンに乗っては5分毎に降りて竿を回す僕を、インストラクターが笑って見てた。
さあ、どうよこれ。ブルーランナーらしくなったでしょ。アンダマン海でいい夢見せてくれそうでしょ。
DSCN3232p DSCN3228p
参照 : → その後この竿はどうなったか?