2008年3月4日火曜日

シーチャン島アジいまいちクッソ~

2008.3.2の釣りのお話。
土曜日に会社で仕事をしていると、前週に同船したEさんから電話があり、翌日に同じ場所に釣りに行くことに決定。
キャプテン・タンの沈船丸でシーチャン列島南端に9時前に到着、早速同突仕掛けでアジ釣りを始める。
ここで釣れずしてどこで釣れるんだと思うほどのいい場所なのに、アジ皆無、雑魚少々。
Eさんの奥さんはさっさとアジを見切ってエギを投げ、アオリイカをあっという間に3杯キャッチ。やるね~!
これは僕もイカだな、と真似して始めた途端に大移動、今度は西岸の夕陽岬とタンパンビーチの間だ。
ここでは飽きない程度にマテアジとマブタシマアジが来て、ようやく釣りになった。
キャプテン・タンは得意のダウンショットリグでアオリイカ良型をあげる。巻いてある布がびろんと半分はだけてセクシーなエギだね。
午後は最初の列島南端に戻ってみると、アジが回遊していた。ぼつぼつ追加したものの、大型やお値打ち他魚はついに来ず。
僕はこの日は移動中ずっと、船尾からジェットテンビンと弓角でトローリングをやってみた。アタリ1回だけで、何も掛からない。
最後に港に帰る時も弓角を引いていると、キャプテンがそれやめて前に行けと言う。ウンチするからだってさ。この船トイレ無いもん。
そのままトローリング続けてたら大型ウンチがヒットするかもという客への思いやりだったのね。
背泳ぎスタートの体勢で海に直接放流なさいました。素人にはお勧めできない、通の船だな。
DSCN1641DSCN1642
place : Ko Sichang
fish : Bigfin Reef Squid, Yellowtail Scad, Smallmouth Scad