2013年2月19日火曜日

寡黙なタルタオ島

コウジさんとサトゥン・タルタオ島へ行った。土曜の昼から日曜の夕方までの釣りだ。
タルタオ島が満員で宿泊できず、またかつて無いほどアタリがなく、空振りに終わっってしまった。
地味な内容で申し訳ないが、せっかく行ったのだから書き残しておくか…

RIMG0647 土曜の10時に現地に着き、コンビニで買物してから船頭の家に行く。
港ではなく、船頭の家から直接船を出す。伊根の舟屋みたいな感じね。干潮だと悲劇で、船が泥の上にドカンと乗ってて動かない。
この日は満潮、なみなみと水路に溢れる海水を蹴ってロングテールボートの出発だ。
RIMG0649 タルタオ島の北磯中央でルアーを引くコウジさん。
ここは最近いつ来ても釣れるのでお気に入りだったのに、全く生体反応がない。景色はいいし鳥の鳴き声に囲まれて和むんだけどな。
RIMG0653RIMG0654  
宿の確保に失敗、南下しながら磯に向かって投げ続けるが連敗。
やっと12番磯でコウジさんがプラー・モンを釣る。
富士山麓でも同型をもう一匹。
RIMG3618 土曜の晩はコウジさんと飲んだワインとビールでべろんべろん。真夜中に気付くとバンガローのベッドで大の字。は~、用意しなきゃ。
日曜日の朝、ラングー川の河口から船を出した。美しい満月が輝きながら沈んでいく。
この30分後には反対側から真っ赤な太陽が昇ってきた。
釣れもせんのに朝も早よからご苦労様なこってす。
RIMG0665 RIMG0670k  
コウジさんが岸スレスレでフィードポッパーに食わせた。
僕は弓角を投げて1匹。コウジさんが落としちゃったけど猛抗議の結果認定(笑)。
RIMG0672RIMG0675  
美しいアオ・ソンのビーチに上陸して、ウミガメにも似た一仕事を。う~ん、この達成感。釣りだけが人生ではないのだぞ。
place : Ko Tarutao
fish : Giant Trevally