2012年10月27日土曜日

モルディブGT夏休み ③時合い到来

6:25、停泊地のガーファルファル環礁から抜け出たボートは、環礁南岸を西に進んだ。イルカがついてくる。
魚の反応が無いので、海峡を渡って北マーレ環礁の前日の昼に良かった場所に大移動。
いきなり艫のコーナーから投げた僕のポッパーにミスバイトが出た。ここからGTの時合いに突入。
まず7:35、コウジさんのBBブルポッパーにGT80cm。次はおーさんが7seasのRHで74cm。
型にかかわらずGTが掛かると艫に誘導されそこで取り込むことになる。艫で釣ってる僕はその間お休みで写真撮影だ。
RIMG0285 RIMG0290
次は子泣爺さんがプロキックの長いポッパーで68cm。ようやく3日目にして今回初GTだ。おめでとう!
続いておーさん66cmとコウジサン黒GTのダブルヒット。二人が狭い舷側をロッドを曲げたまま歩いてくる。
コウジサンの黒は84cmと当日最大魚。僕はキャストを再開することも出来ず、ただ艫でカメラを持って待ち構えるだけ。
魚をリリースし終わったと思ったら、コウジさんがまた75cmをキャッチ。うぅ…また来たか(笑)
RIMG0297RIMG0300
ということで前のデッキ3人は怒涛の15分間GTキャッチ6匹、バラシ多数。僕は…ミスバイト3回のみ、無念。
後から思えば、GTが小振りだったので写真撮影などクルーに任せて投げていれば良かったかなと。
でも小さいかどうかって、本人以外には魚が上がってこない限り分からない。カメラは準備しちゃうわけで、難しい。
時合いが終わると、ボートはインナーを一路南へ。空港を目指しながら散在するリーフを拾い釣りしていく。
9:35、おーさんが久々のヒット。彼にしか使いこなせない7seasのBig HeadでGT71cm。
10:00、子泣爺さんがローデッドで2回掛けた。2回目はバナナ(タカサゴ)のボールを通過する時ボート近くでいきなり食った。
しかし前日同様、子泣爺さんの6号ラインは問題あり。またもやラインブレーク。リスク回避のために銘柄教えてもらおう。
昼前、最後に僕がProkickのBigmouthで76cm、コウジさんがローデッドで78cmを釣って納竿とした。
RIMG3279RIMG0309
楽しかった。ただ時間・数・型とも物足りなかった。直行便利用、釣り2.5日の弾丸釣行なので、可能性はお預けということで。
数はコウジさん8匹、おーさんとリュージョンが6匹、子泣爺さんが1匹、GT計21匹。外道は6種6匹。
型は最大109cmが2匹を含む100cm超が5匹、90台4匹、80台2匹、70台以下10匹。
型といえば、この日の昼前に合った赤いボート・赤いロッドの新婚さん、次の日に50kgを釣ったとのこと、釣る人は釣る!
主なヒットルアーは、ヤマリア・ローデッドが6匹、ヨーズリ・ビックブルーブルポッパーが4匹。
費用はこの日程なら航空機・ボート代(釣り&宿泊)全て込みで一人当たり12万円。タイから片道4時間というのが有利だ。
覚悟のいる金額だが、毎月10万円以上釣具を買っている人もよく居るので、ちょっと買うの休めば行けるのは事実(笑)
思い付きでパッと行ける釣りではない。決断と予約が半年前に必要だ。助走は長いが爆発はデカイぞ…といきたいね。
place : Northern Malé Atoll, Maldives
fish : Giant Trevally