2011年6月6日月曜日

黄色い船でシーチャン島

コウジさんとキャテン・タンの船でシーチャン島沖に行った。
天気は穏やかだったが、アジの群が薄く、西岸を北に向ってマテアジ25cm級を中心に拾い釣り。
行く先々でキャプテン・ワンチャイの船が絡みつくように同じ場所で釣るのが笑えた。
RIMG1202 RIMG1203
キャプテン・タンは、以前の手回し起動・超小型半沈船を廃船にして、中型船に買い換えていた。
中古だがしっかりしたつくり。黄色のボデイに緑のデッキ、ヤンマーのエンジンはスムーズで、客席も広い。
いくらで買ったかと尋ねたら、7万バーツだったと。僕でも買えそうだな(笑)。
最後はシーチャン島の北のサンパンユ島西側で粘った。マテアジは相変わらずボツボツ。群というには程遠い。
でもカンルアン(ホソヒラアジ)を結構釣った。こいつは小型だが味は極上なので夕食が楽しみ。
RIMG1204RIMG1207
15:00に納竿してシラチャに戻った。休憩後、チャドー釣り帰りのLeoさんも加わって、釣果による小宴となった。
上の写真、コウジさん直接食ってるし。ディープ・フライド・カンルアン旨すぎ。物凄いコクがあって大好きだ。
マテアジのなめろうは美味しかったのだが多かったので、半分は焼いてハンバーグにしてもらった。
するとどっぷりソースが…。「醤油だけで食いたかったのに」「何考えてるん」とコウジさん・Leoさんの非難の声。
しかし一口食べて全員が絶句。しばらくして「う、旨いっ!」
ガティアム(にんにく)・マナオ(ライム)入りデミグラスソースとマテアジの競演ときたか。白魚の板さん畏るべし。
place : Ko Sichang
fish : Yellow Tail Scad, Smooth Tailed Trevally