2009年5月11日月曜日

トラン遠征 うねりで撤収

2009.5.8&9のfishingのお話。
僕は、今回がモンスーン前ギリギリ最後のアンダマン釣行だと考えていた。それほど悪天候のリスクが高い。
そんな中、リスクを承知で来てくださったmomoさん・小泣爺さんと僕を乗せた船は、トラン県のペトラ諸島を目指した。
船が15m級なので揺れはマシなのだが、船足が非常に遅く(公称8ノット、実は6ノットぐらいか)、着いたのが13時過ぎ。
ここペトラ島は、天を突く断崖が並ぶ圧倒的な光景だ。海から垂直に200mは立ち上がっているのではないか?
凄い凄いと、首が痛くなるほど大岩壁を見ていた。
一方、釣果はしょぼしょぼ。僕は30cmと35cmのプラー・モン2匹のみ。これを含めても4バイトしかなかった。
momoさんはバラクーダのチェイスのみ、小泣爺さんはプラー・モン小型バラシ1だけ。
何度も船頭にポイント変えを頼んだが、表磯はうねりが高いからと行ってくれなかった。
確かに島の裏でも回り込む風がきつくて、キャストの向きが限られる程だったから致し方ない。
そのまま船上で夜明かしだ。幸い揺れずによく眠れた。しかしこの間にも外海はさらに荒れてきていたのだ。
翌9日は隣のタクバイ島に移ったが、うねりで立てないほどの大揺れだった。
僕は船尾で体を洗っていたが、この格好のまま振り落とされて行方不明になるかもな、と思った。
タクバイ島は海燕の巣の採集権が設定されている。その採集権は何億バーツもするらしい。
権利者の雇った警備船が島を護っており、不審船は銃撃される。
「撃ってこないだろうな?」と聞くと、「大丈夫ヨ。昨日も今日も電話してあるヨ」と船頭。
確かに撃たれはしなかったが、ルアーを打てる風裏の場所が100mぐらいの幅しかない。

DSCN3316 DSCN3324 左ペトラ島、右タクバイ島
30分ぐらいで船頭が「次行こうか~」と言ってきた。
ペトラ諸島は他にも島がいろいろ有るから、各島の風裏を拾い釣りして回るんだろうなと思ってokした。
しかし船頭は他の島を無視して、うねりの中をサトゥン県のブロン・レ島まで大後退しよった。
この島は大きめなので、沢山の職漁船が波風を避けて集まっていた。
船頭は僕らに「島に上陸してリゾートで寝とけ」と言いだした。おヌシが休みたいのとちゃうんかいっ!
まだ朝じゃ!こっちは釣りにきとるんじゃ!と上陸提案を拒絶したものの、この停泊地には魚は居ない。
翌日回復に望みをかけて、タルタオ島西岸に行ってくれと船頭に5回頼んで5回断られた。「波が高い。危ない。」
実際、少しでも島の裏から出ると強風と大うねり。
後で分かったのだが、この日リペ島から戻るスピードボートが高波で割れて浸水、別船が救助に向かった程。
僕らの船は、無理して波のある場所に行って竿を振ったり、雨で休んだり…。
僕は3mぐらい上下するミヨシに一人立って竿を振って頑張ってたのに、竿をぶつけて折ってしまい、くじけ方もひときわ。
15:00に「このまま明日も回復の見込み無し」との船頭判断を受け、3人で相談して撤収を決定した。
だって2日目全員ノーバイト。明日もこれではやってられない。帰港してそのまま勢いでバンコクまで一気に戻った。
前週のサンダーストームとは異質の荒れ方だったな。モンスーンが一足早くアンダマン海にやってきたようだ。
これで6ヶ月に亘るトライは終わった。7回行ったよ。今の僕にはもう何の釣行プランも無い。白紙だ。
手元に残ったのは、あそこで折った4本の竿と軽くなった財布。
あのインクブルーの海は、もう届かない遠くにある。