2009年8月23日日曜日

シーチャン島暑い

2009.8.23のfishingのお話。
今日は自分で修理した大王8'4"のテストということで、シーチャン島沖に船を出した。小物狙い。
単独チャーターなので気楽なもんだ。まあ、今回は気楽でないと困る事情があってね。
木曜の晩から下痢と嘔吐・微熱で金曜・土曜と何も食わず。食あたり?風邪?
やっともう大丈夫かと食べた土曜の夕食も全部吐いたので、2日半空っぽのお腹。なんかヘロヘロなんだけど。
というわけで、申込者無しが幸いした、リハビリお気楽釣行となったわけ。
風が無くて異様に暑かったけど、結構アタリが多くて10kg以上は釣ったな。北のコ・サンパンユ周りが調子が良かった。
お目当てのイトヨリが食う前に、マブタシマアジ35cm級が竿をしならせる。キャプテン・タンが釣ったのは46cmあった。


僕はクイーンフィッシュ53cm・55cmとプラー・クラウ(ミナミコノシロ)もキャッチ。
周りの船ではメーターオーバーのバラクーダやウマズラアジの良型が上がっていたな。
今度大物仕掛だけでここに来てみるのも面白いかな、と思うぐらい隣のタイ人は数釣ってた。
キャプテンと2人で20kg以上は釣ったのでクーラーパンパン。2時に納竿した。
アパートに戻ると従業員がビニールを持って集まってきた。最近お決まりのクレクレ攻撃だ。
守衛、ドアマン、エンジニア、お掃除おばちゃん…。後が楽なので助かるのだが、目を離すと全部やられる。
キス・イトヨリ・マテアジは僕がキープして、残りをプレゼント。よしよし。
一杯釣って体調も戻ったし、竿はばっちりだったし、皆にも喜んでもらえたし、今晩の魚での一献で完結。いい日だったな。
place : Ko Sichang
fish : Talang Queenfish, Northern Whiting, Small Mouth Scad, Giant Threadfin