2009年7月21日火曜日

3人でアオ・パイに行く

日曜日の朝、よねさん・キノさん・僕の3人でアオ・パイに潮干狩りに行った。
また潮干狩りかいっ、釣り行け釣り、ってか。まぁまぁ抑えて抑えて。
アオ・パイというのは、シラチャとアオウドンとの間にあるビーチで、シラチャ最南端から山道を20分ぐらい歩いて行くことが出来る。



水は結構綺麗。貝は多いし、浅いながらバラクーダやハタが釣れるという。
7時ぐらいから掘り始めた。岩をめくってその下の砂に刺さっているアサリを採る。
貝脈に当たるとゴロゴロ出てくる。おおっコレだ、と掘り進む。
すると、その貝脈を向こう側から掘ってきた若い現地人と鉢合わせだ。
お互い譲らず角を付き合わせたサイ状態、ってのは嘘で、笑顔でそれぞれ別の場所へ。
なんてったって、人が殆ど来ないのに、貝は無尽蔵な感じだから余裕だ。
よねさんとキノさんも、慣れないながらボツボツ採って籠の中身が増えていく。
「居るとこには固まって居ますね」 「夢中になっちゃう」 「ザク!」
最後の方は白波が立つほど風が強かった。あの天気では沖釣りは無理だったと思う。
2時間、3人で10kgは採ったな。最後に僕が死貝と活貝の見分け方をレクチャーして選別、9時にお開きだ。
海から山道を戻っていくと、3匹のサルが遊んでいた。自然いっぱいだね。


 僕のは晩に6人で食べたけど、よねさん・キノさんの両家族はどうやって食べたかな?土用のアサリなんて聞いたことないし。
この場所にはぜひ行ってみてほしいな。前にも書いたが、ココ。 → 秘境シーラチャー南部