2016年11月30日水曜日

シャリービーチで「竿釣り」

曇天・微風・凪の好条件のもとシェリービーチから出港した。前日は午前はマグロ類不発、午後船で帰り際に小スマのナブラを追っていたキハダが8匹食ったとのこと。今日のゲームフィッシュはベイトフィッシュ次第だなと思った。沖でトローリングを始めると、すぐにファーストストライク。艫は忙しくなった。僕は舳先でジギング。いかし艫のキハダが舳先まで回ってきたためジグを回収せざるを得なかった。1時間後のセカンドストライク、今度はジグを何回か下ろすことができて、皆に遅れて深場でガツンと掛けた。船べりで走り回ったが、79cm・6.5kgがいつものジグパラ150gで釣れた。この後はトローリングにアタリなく、結果僕のを入れて船中キハダ6匹とシイラ1匹。ワンチャンスを活かした釣果だったね。

ボトムフィッシングは潮が止まっていたので100m以深にも行けたのだが、風も無くて船がくるくる回るためオマツリが大変そうということで50m立ちでの釣となった。僕は魚の数は要らないので餌は封印し、何とかジグとワームで釣ってやろうとスローでしゃくっていた。水深50mでも危惧していたオマツリが頻発で船頭・中乗り大忙しだ。僕はというと、枝針に付けたワームにはオジサン、ジグにはスコッツマンやシモフリハタという狙い通りの魚が来て楽しかった。しかし2kg以上の良型の引きはことごとくサメの暴力的な引きに急変し、仕掛けが全損する。船中あちこちでサメ被害に嘆息が絶えなかった。

ある時、艫にいたバワーがサメの強烈パワーに付いていけず竿を持っていかれてしまった。一瞬で海深く引き込まれる竿とリールにバワーは茫然。その後暫くして、僕が海底でシャクっていたジグにずっしりと何かが掛かった。そしてそれがサメの引きに変わった。暫く綱引きをしていたが、サメがハリスを切ったのか、僕は重い物体だけを巻き上げることになった。「おーい、バワーの竿が釣れたよ~」と船頭を呼ぶ。船頭は「Ray、絶対バラすなw」と。細かな泡を吹きながらバワーの竿とリールが上がってきて船頭がギャフで無事回収すると、船中一同大喝采。よく見ると僕のワームを付けた枝針がバワーのリールの巻き糸にしっかり食い込んでいた。この「奇跡的な釣果」によって、僕は今日の大物賞らしい。ワロタ。バワーが大層喜んでくれたのが嬉しかったね。
釣果は刺身にしたり燻製にしたり。自然の恵みは本当に旨い。来月になれば夏本番でインクブルーの潮が差してくるだろう。ゲームフィッシュの本番が待ち遠しい。

fish : Yellowfin Tuna, Halfmoon Rockcod, Goatfish
place : Shelly Beach, KZN, RSA