2016年11月10日木曜日

シェリービーチ 土砂降り早上がり

雨の中シェリービーチから出船。無線機故障で随分出船に手間取ったが、遅れて沖に到着。前日は8kg級のマグロが何匹か掛かり、殆どサメに食われたらしい。今日はどうかな…。
さて、艫のボートロッドにファーストヒットだ。僕はミヨシでジギング開始。しかし艫で掛かった魚があっという間にこちらに旋回してきたので絡まないようにジグを回収して待つ。そしてチャンスは消えた。この時トローリングで上がったのは10kg超のキハダが3匹。いいなあ!
2回目のヒットまで随分時間がかかった。その間に雨が強まり全員ずぶ濡れだ。今度は250gのジグで速攻を掛けたが不発。「Ray、いつも釣るのに今日はどうした?」と突っ込みが入る。艫では10kgが更に2匹。まぁ僕はかすりもせんかったんだから諦めよう。これにて早めにゲームフィッシング終了。雨がひどいから早上がり含みかな?

それでもボトムフィッシングを開始した。雨だけでなくうねりも高いため、ジギングは諦めて餌釣りにした。ハタ狙いでイワシ身餌を付けて水深60mの底まで落とすと、いいアタリが来た。シモフリハタの46cmを幸先よくゲット。次は強いアタリを掛け損なったが2度目で食わせてて57cmのホワイトエッジロックコッド(白縁ハタ)を釣った。他の客はスリンガーやメイチダイ。あまりの豪雨にレインウエアは着ているが、中の衣類までずぶ濡れ地獄。ボトムフィッシングはまだ30分ぐらいしかやってないが船頭は客の心中を察して言った。「海は危険な状態ではない。しかし非常に不愉快な天候だ。こんな時に続けるか止めるかかは客の判断だ」と。芯まで濡れた全員は顔を見合わせてギブアップ宣言、9:30に早上がりとなった。え?僕はって?ギブアップって言わなかったよ(笑)

こんな日に限って着替えを忘れてきたので、車のエアコンを27℃にして濡れたまま家に帰った。寒くて途中サービスエリアでホットコーヒーを買ったのだが、冷房がきつくて唇震えて死んだ。でも当地で一番美味しい白縁ハタが釣れたので良しとしよう。燻製にして食べたけど、脂乗りノリでう~む、地獄から持ち帰った極楽!
place : Shelly Beach, KZN, RSA
fish : White Edged Rockcod, Halfmoon Rockcod, Slinger, Scavenger