2015年7月26日日曜日

ジギングでボニート

風速7m最大風速10m・雨。こんな状態では週末のシェリービーチとて二艘しか出ない。僕の乗ったRiptideの船は7時から2時間程トローリングをしたが、風雨が強く波も高く全員びしょ濡れ。他の客に60cmぐらいのキメジが2匹釣れただけだった。
船頭のアンドリューはプロテア礁の内側まで大きく戻り、ここでドリフティングを始めた。船はドテラ流し。冷凍イワシを餌にしたフカセ釣りだ。「前回でかいキハダが来たよ~、カンパチもいるよ~、頑張ってね」と船頭が言う。僕だけはジギング。水深は40mぐらいで釣りやすい。数回目でガツンとヒット。良く走ったのでキハダだと思ってたら、何とスマ(ボニート)の良型だった。84cm・7kgあった。先週釣ったスマの刺身が脂が乗ってあまりにも美味しく、毎日食卓で悶絶しているのだが、これで願ってもない食料追加ができた。この後僕はスマを4匹追加したが、全て40~50cmの普通サイズだった。
RIMG0293RIMG0294
船のすぐ近くにザトウクジラが浮上してびっくり。クジラの巨体を支えるだけの小魚がこの海に居るようには思えないけどな。さて、他の客を見ていると餌フカセ釣りの方がジギングの倍以上アタリがある。だいたいがスマだが、110cm・12kgのキハダが2本上がった。いいなあ、ジギングにも来ればなあと思って一生懸命しゃくっているとガンと乗った後に凄いスピードの引き。これは周りで釣れてるサイズのキハダだとすぐにわかった。巻き上げ開始、こちらが優勢になってきた。半分ほど巻いところでフッと軽くなった。ええっ(ToT)。上げてみると100lbのリーダーが刃物で切ったように斜めに切断されていた。サメか…今日イチだったのに…。この日はサメのために魚とジグを更にもう1セット失って納竿。うぅ、何だか悲しい。
RIMG0296RIMG0298R0002930
place : Shelly Beach KZN RSA