2015年7月19日日曜日

ロッキーベイでジギング

シェリービーチはサメ一杯で難しいとのことで、場所替えしてロッキーベイから出た。ここは自宅から80kmと近くて便利だ。朝6:30ごろから次々にビーチから出船が始まる。ここの船は殆どウェットローンチだ。波打ち際に降ろした船を客皆で押す。舳先を沖に向け船外機が水に漬かるところまで押してから船によじ登る。当然腰まで海の中、びしょ濡れ。気温8度の冬の朝にこれはきつい。
僕の予約した船は延々と陸で待っている。ヨハネスブルグからの客8名が来ないとのこと。2時間待ったが結局ドタキャンで、一人残った僕は他船に移ることになった。Whatalotigotという船。「どんだけ爆釣やねん」という意味、笑える。船頭はウィカス、中乗りトミーに客4人。ラッキーなことに客が少ないためか、客を乗せたまま進水し、船頭と中乗りが胸まで漬かって押し出してくれた。
RIMG0286RIMG0285
まずはトローリングだがもう9時を過ぎており期待薄。やはり1バイトもないまま終了。10時からは底釣りだ。ソナーを見ると水深60m?いや単位がfathom(ヒロ)だから100mだ。待ちに待ったディープラインやん!ハタ・ハマダイ・カンパチを釣るチャンスだ。これは餌釣りしている場合ではない。ジギング一本で行くことにした。250gのジグを投入。潮は緩く、流されるまで数回は底が取れる。しばらくシャクると来た、でも小さいな。釣れたのはイヤゴハタ43cmだった。その後大きなハタをイメージして続けるが不振。例によって周囲の餌釣りが好調でソルジャー(真鯛)とトロリー(黄連子)がどんどん上がる。南アフリカのタイ類にはジグが効きにくく、僕は35cmのトロリー2匹がやっと。隣で釣っていた中乗りトミーがうんうん言って上げたのはハタ(ホワイトエッジ)7kg。どうして僕のジグに食わん!
11224521_10204275415955946_2522826431381136237_n11738028_10204275416155951_7705832800279820939_n
やっといい引きの魚を掛けたと思ったら中層まで巻くと横に走る。上げてみるとスマの61cmだった。サメが寄らないように血を船外に流さずに絞める。午後は潮が止まって不調となり、餌でも釣れんのにジグで釣れるわけないやろボケ状態。しゃくってもしゃくってもアタらん。2頭のザトウクジラが何度も潮を吹き尾を見せてくれたのが救い。やっと55cmのスマを追加しただけで、14時に納竿。非常に感じのいい船だったね。また乗りたい。
さて家でスマを下ろして驚いた。すごく脂が乗ってて身の芯の方は赤身だけど外側半分はトロ。腹にはには寿司6貫ぐらい握れる大トロがあった。刺身も漬け丼も極楽~。スマは狙って釣れる魚じゃなし、こりゃラッキー。今日は数的には貧果だったけど、食卓的には結果オーライだったね。
R0002917R0002920RIMG0289RIMG0287
place : Rock Bay, KZN, RSA