2015年4月28日火曜日

シェリービーチはサメいっぱい

シェリービーチの近くで会社の催しがあったので、帰りがけに寄った。
船主のステフニー・ママは「昨日はマーリン2発掛けたけど獲れなかったのよ。頑張ってきてね」と皆を激励した。
6時出船、やや波あり。船がバンバン跳ねるのでホント疲れる。トローリングのため低速走行に入るとほっとする。
艫でのファーストヒットはキメジのようだ。僕はミヨシでHalcoのポッパーをキャスト。数投しても反応が無い。
こういう時は泳層が深い。ジギングに切り替えて50mから探ってくるゴン、キューン。いいね。キメジ60cm。
早速締めて肩の肉をナイフでえぐって朝食だ。何もつけなくても酸味があって旨いね~。
RIMG0189RIMG0190y
トローリングの次のヒットも一緒。ポッパーで食わずジギングにヒット。でもギューンと走って80lbリーダーが一発切れ。
まだこの時は「納得いかんな~、普通切れるか?2000円のジグロストくっそ~」と思っていた。
トローリングのさらに次のヒット、ジギングで予定通りキメジ60cmをキャッチ、2匹目。
キメジの生肉とまだ動いている心臓をむしゃむしゃ食べていたら、他の客が「君はそんなん食って酔わんのかね」と(爆)
中乗りのディオンが「Ray(僕はそう呼ばれている)、今日はディープライン行くぞ!」と声をかけてくれた。よしよし。
ボトムの時間になり、250gのジグを落とす。あれ?水深72mか。ちょいディープぐらいだね。
前回ハタをジギングで釣っているので、気合入れてワンピッチジャーク。あかん、隣の餌客に先にハタ釣られてもた。
ゴーン!来た来た。63cm 3.7kgのホワイトエッジハタだ。前回これが凄く美味しかったので満足感いっぱい。
RIMG0194wRIMG0195e
しかしここから南西の強風となり船が流されだした。2流し目から4流し目はほとんどの客が底を取れずに全滅。
波を頭からかぶりながら浅場に移動した。ジギングを続けるもESO連発にくじけて、最後のお土産釣りはイカ餌で。
2つ右隣の客がゲロ酔い。向かい風でゲロが飛んできてイヤ~ン、と思ったら隣の客はもっと直撃を受けていてワロタ。
まずは53cm 2.3kgのイングリッシュマン。続いてスリンガー連発。この後は、サメに付きまとわれてブッチブチ。
他の客も僕もアタリがあって巻き途中の魚をどんどん食われる。時には仕掛け全損。朝のバラシもこれだな、きっと。
風弱く海流弱く波穏やかな日に出漁すればディープラインでガンガンしゃくれるんやけど。
これぞ南アフリカの釣り、という体験がしたくて。ま、通いながらその日を待つか。R0002750R0002752
place : Shelly Beach, KZN RSA
Fish : Yellow Fin Tuna, White Edge Rock Cod, Englishman