2011年11月11日金曜日

ブロン・ラナ島 イスラム正月に釣る


この日、パクバラの朝は遅かった。いつもは島に泊まって5:30には出るのだが、本土から9:30スタートとは…
イスラム教の正月で、9:00までモスクでの礼拝があるのだ。イェブとスレイマンの船頭親子は純白の正装で戻ってきた。
女性達はピンクや赤のきらびやかな衣装で正月を祝っている。そんなこんなで、半日だけの釣りとなるが、仕方がない。
前日タルタオ島がイマイチだったので、ブロン島を目指した。まずは航程1時間で着くブロン・マイパイ島だ。
小魚のバイトしかなく、Leoさんイルカに向かって投げてるし。本当に食ったらど~すんねん!
嫌な予感を持ったままヒン8へ移動。岩礁周りに拡がるリーフを広範囲に攻めた。
RIMG1737 RIMG1745
いつも釣れる南端。Leoさんが東向きにポップクイーンを遠投して掛けた。引きが強く、慎重になるLeoさん。
目標物のない沖向きで食わせたプラー・モンは、あまり試さないこともあって価値を感じるね。
我々はヒン8を2周したが、このLeoさんの1匹だけに終わった。出発が遅かったので、もうここで昼食となってしまった。
キス唐揚定食を食べ、ブロン・レ島の西磯へ向かった。頑張った。しかし大場所のくせに完全ノーバイト。
スレイマン船頭が言った。「最近、地元の船でタイ人が毎日ルアー・キャスティングしてるよ。もうココだめよ」と。辛いな。
次はLeoさんが大好きなブロン・キノ島に移動。しかし前回コウジさんと来た時と同じだった。ダツやシイラのバイトだけ。
以前はあんなに良く釣れたのにどうしちゃったんだろう?レ島とキノ島で釣れなきゃ今日は終わりじゃん!
ここでLeoさんが大ライントラブルを連発したので、ブロン・ラナ島に移動してコーヒーブレーク。
RJ:「何回か出たけど掛からんわ。今日はもう駄目かもね」
Leo:「あと1時間か…厳しいですね。でも、海めちゃ綺麗だし楽しかったじゃないすか」
RJ:「そそ、こんなに楽しいのに、何で皆来ないのかな?」
Leo:「素人にはお勧めできないとか、ブログに嫌がらせ書くからですよ(藁)」
PB060039iRIMG1749m
コーヒーを終えてラナ島北端で第1投、僕が引いてきたサーフェスクルーザーにピックアップ寸前の足元でドカンとヒット。
おぉ、4月のLeoさんと同じ場所だ。この日はあまりの不調にボウズを覚悟していたが、予想外の復活の1匹だった。
ラナ島北岸を回っていく。潮は深い緑に澄み、吸い込まれそうなほど美しい。
島の西端で岩の間に打ち込んだ僕のサーフェスクルーザーにまたヒット。Leoさんもチェースを見逃さず、すぐに1匹追加した。
ラナ島を一周して、白岩まで行ったが、掛かるのはダツばかりとなってしまった。
Leoさんはウルフヘリング(オキイワシ)を釣って返り血で血まみれ。
RIMG1748w RIMG1752
最後の10分、さっき激しいチェースのあったラナ島南面に戻って、最後の勝負だ。
ジャクソン・タントをクイクイッと動かすとプラーモンが一発で食った。「よしっ、Leoさん、帰ろか!」
結局この日はヒン8で1匹、ラナ島で4匹。釣り時間が短かったが、何とか最後で盛り返したね。
2日間で釣れたプラー・モンは、僕が7匹、Leoさんが4匹。多くはないが不満でもない。二軍ルアーも活躍してくれたし。
ブロン島近辺、ベイトフィッシュは豊富なので、そのうちラナ島以外にもプラー・モンが戻って来るだろう。
そういえば…プラー・モンの腹を割いて、胃の中を確認してみてギョッ!5cmぐらいのプラー・モンが一杯入ってた(泣)
PB060037con
place : Ko Bulon Le (Hin 8), Ko Bulon Rana / Satun_Thailand
Fish : Giant Trevally