2011年11月7日月曜日

タルタオ島 静かな雨

Leoさんとタルタオ島西岸の2番磯で投げ始めたのは正午。海は穏やかだが雨雲が迫っていた。
僕は前回釣行でフィードポッパー、ローデッド、ブルースコード等の主力を失っていたので、二軍中心の布陣とした
Leoさんは不動の布陣(笑)。メインにポップクイーン、サブにK2Fだ。
2番磯での3投目、バイトと同時にクイーンフィッシュが空中に躍り上った。二軍のジャクソン・タントに派手なお迎えだ。
3番磯で投げているとジャングルを激しく叩く雨音が接近、急いでキャビンに逃げ込んだ。
降ってる間に南に大移動して、雨が止んだ頃に再開、北上しながら釣ろうという作戦だ。
RIMG1711tRIMG1715
マッカム湾の北にあるタルタオ富士の下から投げ始める。潮はやや濁り、魚のチェースが見えない。
ここでLeoさんのポップクイーンにザバッとプラー・モンがヒット。僕が「でかい?」と尋ねるがLeoさん必死で無言。
上がってきたのは空揚げサイズのプラー・モン。出方が激しいしスピードがあるので、Leoさん言葉が返せなかったらしい(笑)
僕は二軍選抜のヨーヅリ・サーフェスクルーザーを投げていた。プラー・モンは40cm2匹だけで、バイトを何度も失敗。
前傾フェースのルアーは止めのアクションをするとラインに乗り上げてフックに絡むが、こいつもそう。タダ巻きが一番。
そのタダ巻きで12番南でやっと掛けた。引く引く、でかいかと思ったが50cm超。いいんだ、これが釣りたかったのよ。
PB050018f RIMG1719
小雨降る中、ボートは南風に乗せてナチュラルドリフトで北へ向かう。我々は舐めるようにキャスト。でも活性かなり低いな。
6番磯、再び僕のサーフェスクルーザーのタダ巻きにザブンと出た。50cm超で4匹目。不調のLeoさんにかける言葉がない。
タイムリミットの17:30は過ぎたが最後のキャストを大場所でと、4番磯に向かった。ここは底の起伏の粗い場所だ。
Leoさんのバス上がりキャストが磯スレスレに決まる。すぐスキッターポップにドスンッ!一気に岩から引っぺがす。
50cmオーバーゲットのLeoさん、「さすが4番、やっと格好ついた。帰ろか!」
RIMG1732m RIMG1736
この日はイスラム大晦日。船頭は沖泊まりできないのだ。島に泊まっても不便なだけなので我々もパクバラまで戻った。
宿泊はパクバラで一番まともなバンガロー”BEST HOUSE”。これはいいとしよう。
夕食はビーチサイドのタイ飯屋に繰り出したが、呼んでもないおばちゃんや小僧が同席してきた。
そして「洪水大変ね~」とか言いながらどんどん飯を注文し、我々の了解もなくおごらされた。ナンじゃこりゃ?
宿への夜道、妖怪のようなカラオケ屋台ババア連中に声を掛けられ、逃げ帰った我等。パクバラは訳の分からん町である。
fish : West coast of Ko Tarutao / Satun_Thailand
place : Talang Queenfish, Giant Trelally