2011年7月27日水曜日

バンサレー 単独釣行

バンサレーのキャプテン・トーの船で餌&ルアー単独釣行。
ブログ募集したのだが、誰も来ない。で、高価な単騎となった。まぁ、想定の範囲内ということで、朝6:00出船。
クラム島と本土の水道を南下し、桟橋の南の湾口に泊めた。ソナーで見ると、水深17m、魚影なし。
第一投から活イカにアタリだ。巻いててわかってしまう。サメだなこいつ…やっぱり~(笑)
その後が実にいかん。良型チョンガーム(イトヒキアジ)と思しき強烈な引きのファイトを2回連続でラインブレーク。
何でやねん!って餌釣りは錘の先に10m程ラインを底に這わせるので、どうしてもファイトでラインが痛む確率が高いのだ。
がっかりを癒してくれたのは白く美しいコロダイ。予想通り、タイラバには見向きもせずに活イカに食ってきた。
RIMG1290sRIMG1294 
2回目の場所替えで、イラ島の横の白灯台のある岩場の北にアンカーした。
活イカ仕掛を入れておいて、ジギングとタイラバ。ようやくタイラバでハタが釣れた。
雑魚のアタリばかりで閉口していたが、長い道のりだったな。ちっちゃいけど十分、これでタイラバは終了。
底狙いのジギング80gは不発。キャプテンがサイズをぐんと落とせというので30gのキャスティング・ジグにしてみた。
周囲の海面は下から魚が、上から鳥が、小魚を追い回して活性が高い。
表層高速巻きを試すと、おおっ、アタリ連発じゃん。しかしリーダーがザラザラ。ダツか…。
と思っていると、48cmのマブタシマアジが連続ヒット。あぁ、久しぶりだな、この魚をルアーで釣ったのは。
RIMG1302 RIMG1299
そして水面に大きな半球がボコーっと盛り上がるクイーンフィッシュのバイト。予想してないから心臓に悪い。
ジャンプを繰り返して釣れたクイーンは80cmの良型。底の活イカ仕掛けにもクイーンが食ってきたが2回バラしてしまった。
餌釣りにはイカをイカが食うというおまけつき。(大きなコウイカが釣れたのす) 。
帰りのトローリングは一回だけジャーっとラインが引き出されたがフッキングに失敗した。
一人で行くと釣果独占だし活餌がたっぷり使えていい。凪で釣りやすかったし、特に朝はよく食った。
ただいつもどおりバンサレーではバラシが多すぎる。下手っ。全部取っていればクーラーに入りきらないほどだったのに。
言える事は一つ。バンサレー、餌釣りもルアーも侮りがたし。
place : Bang Sare
fish : Painted Sweetlips, Estuary Cod, Small Mouth Scad, Talang Queenfish