2011年7月24日日曜日

シーチャン島 マテアジ良型

ブログで募集したメンバーとシーチャン島沖に行ってきた。
J2さん、魔寧蛇さんのおなじみの2人、そしてヨーンさん。
ヨーンさんとは以前、ここの連絡船の中でお話したことがある。「ブログ参考にロッドケース作りましたよ」とかね。
いつもはエギングでアオリイカ、ひとつテンヤでコロダイだって。アジ狙ったことないんだって。そりゃマニアックやな~。
遅刻約1名を待ってゆっくり9時に釣り開始。この日は南西風が強くて表磯に行けず、コ・カームノイの東側で始めた。
ここはいい場所なのだが、潮の関係か魚が少なかった。J2さんはタイラバとかジギングをやってるけど不発だし。
そこで船頭は北にあるコ・サンパンユに大きく動いた。周囲は波頭真っ白で、島周りに盛り上がるうねりもきつい。
J2さんが良型のアジを掛けて声を上げる。同時に、事故トラブル発生。最近恒例だな。
魔寧蛇さんが、揺れる船のせいで錘がスイングして鈎を指に突き刺してしまったのだ。それも返しまで入っている。
痛くて抜けないので、チモトを折って貫通手術。ブハーッと流血して胸がバクバクして暫くダウンしてたが、何とか復活。
RIMG1284 RIMG1286
午後は良型のマテアジが回ってきた。J2さんはすでにサビキマンに変身しており一荷を連発。
艫のヨーンさんと僕も快調に交互に釣る。型は25cm程度だが、指が体に回らない程パンパンに太っている。
ヨーンさんは「これぐらいあるとアジもいい引きしますね~」と満足の様子。
粘れば数は伸ばせたろうが、14時ごろにはさらに波・うねりが高まり、危険と判断して帰港した。
1ヶ月ぐらい軽い腰痛で困ってるところにこの荒れの中の釣り。揺れるとずっと座って釣る訳で、えらく腰に来たのよね。
大好きなショットガンアジングも、この日は体調を考慮して封印してた程だ。
しかしJ2さんと魔寧蛇さんは僕の帰宅を許さず、禁酒日の町にマテアジを持って繰り出した。
ヨーンさんの代わりにGATAさんが加入して小宴。禁酒何とやらでJ2さんによる梅酒ばら撒きに、お姉さん達の嬌声が…(笑)
皆さんによると、バンコクに比べると和む、ラヨーンに比べると何でもある、ということでシラチャはいいらしいですわ。
それだけじゃなくて、食べられる魚がいつでも釣れるっていうのが得点高いよね。
大物はさっぱりだったけど、長く楽しい一日だった。また募集しよっと。
place : Ko Sichang
fish : Yellow Tail Scad