2009年6月22日月曜日

ギプスのままで潮干狩り

今朝、アパートで日本から来ているキノさんと話した。
キノ:「今朝は散歩2時間。シラチャの町の南端を目指したけど、国道に出ちゃって…」
RJ:「執拗に右、右と海沿いをキープして行けば、南端のシラチャハーバーに着くよ」
キノ:「歩いて行けますか?」
RJ:「ちょっと遠いな。自転車やトゥクトゥクならね。今日は潮が引いて貝が一杯取れるんだけどなぁ」
キノ:「潮干狩り?行くっ!行きます!」
そんなこんなで、キノさんとギプスのままの僕は潮干狩りに出かけた。トゥクトゥクに乗って。
今は足が不自由なので一人では無理だが、海・山のアウトドアの達人キノさんが付き添い介護だから大丈夫っ。
シラチャハーバーの南に広がる浜。民家も途絶え森の前に広がるこの浜には、10人ぐらいが貝を掘っていた。
しゃがまずに、立ったまま前屈姿勢で掘っている地元民が多い。
そういう人々は、足が20cmぐらい砂に埋まってるのではないかと思われるほどの短足だ。
何十万年も潮干狩り専門で進化した結果と思われる(爆)。
僕は先週ギプスを鋸やナイフで加工して、ギプスの上からサンダルを履けるようにしたので、浜は何とか歩ける。
しかし、ギプスは水気厳禁なので いつものように波打ち際で…というわけにはいかない。
潮の引ききった場所で休み休みやることにした。




   ←足が遅くタイマーに間に合わない僕
キノさんは、岩の多い浜での潮干狩りに戸惑って、なかなか貝が見つからない。
そこで僕の開発したポイント発見法を伝授、一気に採れるようになった。
何のことは無い、タイのアサリが好む岩周りと岩の割れ目を狙うということ。
転がっている岩は効率が悪い。そうではなく地球と繋がってる岩。
良く見ると所々これが砂から頭を出して山脈のように線状に並んでいる。貝のポイントも山脈沿いに線状にあるのだ。
アサリのほかにも、鳥貝や肉がムッチムチに詰まって美味しい分厚い二枚貝もたまに採れる。
キノさん:「いや~これ楽しいわ、はまりますよこれ。食べられるってのもいいじゃないすか」と。
貝をきれいにして砂抜き5時間して、「白魚」で料理してもらった。
味噌汁、酒蒸し、鳥貝煮付け、アサリスパゲティ…満腹!至福!