2008年6月2日月曜日

サメサンで鮫さん釣ってあ~しんど

2008.6.1の釣りのお話。
前週と同じメンバー・同じ船でサメサンから出港した。
今回の開始は、サメサン沖列島の先の方、大きな海亀が浮いてきてプハーっと息をしている美しい場所だ。
イカ一匹掛けの第一投で、いきなりリールがジジーっと大魚信を知らせた。
光りながら上がってきたのはピヤ(イトヒキアジの小型)。こいつの刺身は綺麗でおいしい。幸先よし。
一方、noriさんよっちゃんの小物狙いの方は、何故かさっぱり駄目。
noriさんのピヤ狙いサビキショットガン釣法も不発、助手のポムから「あんた餌つけたほうがいいよ、それ」と冷たい宣告。
次はサタヒップ沖まで大きく西に出て、水深50mの場所を狙った。大いに期待したが、海底から上がってくるのは、
雑魚ナカリンと見栄えイマイチのキーメン(ヒトスジタマガシラ)ばかり。無念の思いで、程なく浅場に撤退となった。
そんなこんなで釣果が伸びない中、船尾で釣っていた私の大物竿に大魚信。それっと飛びつき、あおってあおってガンガン巻く。
無事底も切れて、あとは力勝負となった。こっちはPennのSPセネター114Hに20号の糸を装着、人間でも釣れる太仕掛だ。
しかし魚は、こっちが巻いた以上に何度も糸を出していきく。途中で分かった。この引き、エイだろうな…。巻きながらの会話。
「キャプテン、エイだろこれ、食えネエだろ」 「食えるよ、旨いよ」 「どうやって?」 「揚げたり、干してから焼いたり」 「本当かよ??」
5分ほどかかってやっと上げたのは、ローナン(サカタザメ) 139cm・15kg。汗びっしょり。疲れた~!
上半身エイ、下半身サメの変なやつ。キャプテンが持ち帰って食うと言うので、引き取ってもらった。
DSCN1907DSCN1909
午後は散発ながらよっちゃんが40cmコロダイ、僕もコロダイ小型3枚。
磯師noriさんは金魚とナカリンの猛攻から一日中抜け出せまなかった。くじけて寝ること幾たびか。
この日の一戦で、東洋太平洋「小魚信」暫定王座はリュージョンからnoriさんの手に渡った。
これから海が荒れてくることを考慮すると、noriさんの正式王座奪取・長期政権が期待される。応援よろしく!
place : Samae San ~ Sattahip
fish : African Pompano, Spotted Shovelnoze Ray, Painted Sweetlips 
DSCN1913DSCN1914