2018年7月31日火曜日

ウムコマースでわらしべ釣法ニベ

ウムコマースのモルネ船頭から「ディープラインに行きたい客の予約が入ったから来ないか」と誘いがあって出かけた。僕はモルネ操船の中型船ワイフィー号に乗った。息子のディラン船頭も小型船フィレット号で同行だ。両船は北のウムガババ方向に進み、水深80mから釣り開始。僕は210gのジグにパドルテールワームといういつものセット。通常なら結構アタリがあるはずが、この日はさっぱり。餌釣りの他客にばかりイングリッシュマンやスリンガーの大型が釣れる。僕は11時までジギングで粘ってルリハタ1匹の極貧生活。

手ぶらでは帰れないのでここから餌釣りに転向だ。忙しく当たってくる小型のデーン(真っ赤で出っ歯の鯛)に耐えてると、強烈な引きが来たがバレてしまい、中型のスリンガーだけが付いていた。何だったんだろう?

その正体が分かった。それまで暇そうにしていたマリアンが「やっと魚が来たわ!」と叫んでウンウン言って巻いたら何と80cmほどのギールベックが浮いてきた。多分コイツの仕業だ。ギールベックはニベの仲間で、普通は夜釣りで泳がせ釣りで狙う。食っても朝方までのはずが真昼間に来たので驚いた。ここでモルネ船頭から「ギールベックは群れで居る。皆、下バリにイワシ丸ごとか魚のフィレをでっかく付けろ」の指示が飛んだ。次の流し、艫でバタバタっとメートル級のギールベックが2匹上がった。僕には53cmのウメイロが来た。嬉しいけど集中してる相手が違うのだす。僕は出港直後に釣っておいたアジをムツ針に掛けて落とした。アタリ無く、諦めて巻きあげている途中でゴゴーンと食った。いやーいい引きだね。ギールベックの85cmをわらしべ長者釣法で無事ゲット。

最後にシモフリハタとイングリッシュマンを追加して納竿。ジギングに拘っていたら坊主食らうところだった。後で知ったのだが、前日にすぐ南のロッキーベイでトラックの荷台が満載になるほどギールベックが釣れてたのだ。絶滅危惧種なので本来沢山釣ってはいけないのだが、群れで移動するので人間に根こそぎやられてしまう。まあ僕の1匹ぐらい勘弁してもらえるでしょう。