2018年7月17日火曜日

ウムコマースで早上がりと出直し

6月末、ウムコマースのFilletに空席を見つけた。僕を入れて客6人だからちょっと窮屈だなと思った。そしたらロッキーベイの他のボートでオーバーブッキングが発生し、あぶれた客4人を受け入れるという。出船が1時間遅れた上に客10人で隙間なし。「俺が乗ると沈むから」と巨漢のモルネ船頭は操船を息子船頭ディランに任せた。
トローリングから始めるが、アタリもないのに2時間以上曳いて10時。釣りをさせてよ。やっとボトムフィッシングの時間になったと思ったら強風が吹き始めた。ボートは木の葉のように流される。風上に戻る時は波を被ってびしょ濡れ。僕ははなから諦めモードでハリス5号のサビキ釣り(笑)。他の客はほぼ釣れていないが、僕はオジサン多数にスリンガー、笛吹鯛と忙しい。今日イチの引きは31cmのマルヒラアジだった。そこで風上のシェリービーチから風速30ノット/時(15m/秒)になったとの連絡が入り、撤収決定。1時間40分しか釣りしてないんだけど!

翌週末、同じウムコマースのFilletで出直し釣行だ。好天を見越して深場を希望したインド人客5名がいたので、同船させてもらった。河口からパルプ工場の排水パイプに沿って沖に出ていくとパイプの出口でアタリ。インド人客2名がキハダ2匹、うち1匹は7㎏ぐらいあったな。

僕は停船時にジギングで狙ったけど不発だった。さて、念願のディープラインに到着。水深85mから120mを狙う。深いけど微風凪でまっすぐ落ちるしオマツリも少なく釣りやすい。初めは低調で、船頭はポイントを変えて探っていく。誰かにトロリー(キレンコ)が食えば、そこを流し直すと全員に食う。僕は200gのジグと2.5インチのパドルテールワームで攻めた。シモフリハタをジグで3匹釣った後、強い引き。どりゃーと底を切ってしばらく巻いてきたら切れた。上げてみるとリングとの結び目が抜けていた。多分結び方間違いで今年2回目。過去に経験ないんだけどボケたよな。しっかり結んで投入すると今度は違う引き。中層で走り回る。水面に現れたのは5㎏ぐらいのキハダ。刺身はもらったと思った瞬間、切られた。見るとワーム用の枝素12号がザラザラになっていた。あのな、水深120mで食うなよ、上げるまでにハリス痛んじゃうよ。
インド人客リーダーのZAK君は艫に座って9本バリの仕掛けを操る。4㎏のヤイゴハタ、3㎏のイングリッシュマンと連発だ。いいなあ。僕はジグ・ワーム半々でソルジャー、トロリー41cm、オジサン43㎝。ちょっと暇。

何とかジギングで深場のハタが釣れる確信が欲しいので、予備竿ジギングセットをディラン若船頭に貸してやらせてみた。左手巻きをものともせずすぐにトロリーやソルジャーを釣って「この道具いくら?」「面白いな~これ、僕も買い揃えなきゃ」と。でも南アフリカ売ってないんだよね。フォールを多めにしたりピッチを変えたりしてみたが、結局ジグに良型ハタは来ず、風の出る前に納竿。物足りないけど精一杯しゃくって釣れなきゃそれが実力ということ。厳しいね。次はディープラインいつ来られるかな…。