2016年10月23日日曜日

シェリービーチ午後船 釣り足りん

シェリービーチの午後船に空きがあるという。12:00出船・17:30帰港で時間が短いためゲームフィッシングは無く底釣りだけだと。まあものは試しで乗ってみた(右端が僕)。

港に着くと午前の釣を終えたボートが帰ってきた。良型シイラ・マッセルクラッカー・スコッツマンなど釣果上々ではないの。期待して12:00に出船した。
プロテアバンクという大岩礁より内側の浅場で釣るようだ。雨で結構うねりがあって、立って釣るのは厳しい。まずは餌釣りでスタート。マッセルクラッカーの赤ちゃん、スコッツマンの赤ちゃんなどベイビー攻撃に会う。やっとこれはというアタリがイワシ餌に来た。キャットフェイスと呼ばれる細身のハタだった。58cm。良型のスリンガーも釣れたので、餌釣りは仕舞ってジギングに切り替えた。

しかし浅場にうねり、ジギングはかすりもせんな…。2kg級の手ごたえがあったかと思うとバレるし。その間、リーダーのアリーは60cmのナタール石鯛を釣ったり、風船釣りで125cmのシイラを釣ったり楽しそうだった。未だ夏にもなってないのに早くもシイラが回っているとは。ジギングは申し訳程度にエソやキントキが掛かっていたが、最後の1投でググっと当たった。これが44cmのスコッツマン。この辺で一番旨いタイだ。何とか格好着いたね、帰ろかっ!

午前船よりも食いがガクンと落ちたことは残念だった。午後釣りは疲れなくていいけど、5時間の釣りはどうも短くて釣り足りん。やっぱり僕は暗いうちから気合入れて出るのが好きだな。
上がって帰り支度していると、鯛を持った男の子に向かって女の子が「それちょうだい」と言って断られていた。船頭がすかさず「Ray、女の子にキントキ持たせてやって」と。僕がキントキを女の子に渡すと2人でにっこり、めでたしめでたし。

fish : Catface Rockcod, Scotsman, Sandpaper Fish, Slinger
place : Shelly Beach, KZN, RSA