2016年3月18日金曜日

シェリービーチで巻け巻けMayちゃん

シェリービーチからマサコさんと出漁。客は我々2人と常連のモハメッド・アリ率いる7人。天気予報によると、朝は平穏だが10時過ぎに南風が吹き出し10m/s以上の強風になるという。それまでの短時間勝負になりそうだ。

最初のトローリングは小型ながらまずまずの食いで、キメジとカツオが交互に上がった。この日の臨時船頭はトローリングでヒットしても船を止めないのでジギングができない。そこで僕もK2FやCDマグナムをキャスティングロッドで曳いた。僕の竿には4回ヒットがあったがバラシばかりで、何とかキメジ63cm1匹を得た。

ボート備え付けの道具でのトローリングはアリのグループが7人もいるのでなかなか順番が回ってこない。見かねたアリが、「次、Mayちゃん巻きなよ」と。僕の名前がRから始まるからRay、マサコさんはMから始まるからMayか。単純でいいね。それではお言葉に甘えてとMayちゃん艫で待つことしばし、リールの悲鳴だ。中乗りがあしらった後、Mayちゃんに竿が渡された。一同「巻け巻けMayちゃん!」の大合唱。Mayちゃんの真剣さを感じさせないゆっくり巻きでようやく寄ってきたキメジ、くるりんとスクリューを巻いて泳いでバレてしまった。「残念、心配するな。もう一回チャンスを待て」。皆さん妙に優しい。すぐに次のヒットで「巻け巻けMayちゃんもっと巻け!」。これは難なく取り込んで60cmのカツオが一丁。お土産は十分になった。
底釣りは浅場でハタを狙い、アリのグループが良型2匹キャッチ。僕らが小鯛だけで苦戦していた10:30、急に南風が吹きだした。道具を片付ける暇もなく「撤収!」と全速で港に戻った。その後は大荒れ(汗)。

早上がりで時間ができたので、帰りにシェリービーチ近くの名所レパード・ロックに寄った。しまった。竿を持って川釣り風の写真を撮れば良かった!
place : Shelly Beach, KZN, RSA
fish : Yellow Fin Tuna, Skipjack Tuna