2016年4月13日水曜日

ヒメフエダイ食ってシガテラ中毒ならんかったよ

前日に予約して、ロッキーベイのキャプテン・ウイカスのボートで出た。小さなボートに客8人ギュウギュウ詰め。トローリングやっても順番が回ってきそうにないので自分でラパラCDマグナム曳いたけど2時間アタリなし。あげたらフックに海藻付いてた。そりゃ釣れんわな。
ボトムは50m立ちから始めたが、船頭ポイント外しまくりで不振。結局いつものハゲ根。水深16mの浅場で2kmの長さの大きな岩礁だが、メガネハギばかりいて残念な場所だからそう呼んでる。案の定、良く引く魚はでっかいメガネハギ。スリンガーの小型だけが賑やか。しかも風で船が流れ出すと、両舷で釣ってるものだから反対側の客とオマツリ頻発だ。そのたびに僕のPE2号のラインが犠牲になり全ロストという消耗戦。最後まで釣果はしょんぼりで、35mぐらいのフエフキ2匹、メイチダイ、40cmの真っ赤なヒメフエダイがまともな獲物だった。

さて、ヒメフエダイは有名なシガテラ毒魚。食えるんかコレ?沖縄ではミミジャーと呼んで高級魚だそうだが、オーストラリアでは禁食とか。船頭に訊くと「何回か食ったけど全然心配ない。安心して食え。旨いぞ!」と。初回は頭とカマだけで毒見。おうおう脂乗ってコクがあっていいね。痺れも来なかったので大丈夫と判断した。半身はパンフライ、半身は煮付けで食べた。これが旨いのなんの。メイチダイの刺身も極上だった。釣果ほどほど、食卓極楽。今回はこれでよし!
place : Rocky Bay, KZN, RSA
fish : Slinger, Scavenger, Paddletale