2016年3月15日火曜日

ロッキーベイ静かなり

ロッキー・ベイのSeaHunter Hunter号でマサコさんと出漁。船頭トミー、中乗りビリー、大き目のボートに客9人。休日には珍しい凪で気持ちがいい。
滑るようにトローリングを続けるがノーバイト。少しでも確率を上げようと僕もスピニングでK2Fを曳いた。ガツンと来たが乗らず。他の客が釣ったのを見るとスマの小型だろう。時間をかけたのに曳き釣りは成果なく終了。
 
底釣りは50m立ちを狙った。中乗りビリーの異様に丁寧な餌準備を見てマサコさんは「すごい几帳面」と感嘆。僕は船頭の指示でスロージギングをやってたのだが2回ほど魚が触っただけで全然釣れない。しばらくしてマサコさんが49cmのイングリッシュマンを釣った。初めてで嬉しそう。トミー船頭が「レディーがライトな道具で一番大きいの釣ったぞ、皆頑張れ~」と号令。次は餌釣りに転向した僕が竿を曲げた。トミー船頭が「Ray(僕はそう呼ばれている)、お前そんなちっこいリールしか買えないのか?」と笑った。僕が巻いてたのは直径が5.5cmのOcea Conquest301HGというリールで、現地標準の直径25cmもあるスカボロリールに比べたらイワシでも釣りに来たんかと思うのかな。魚を締めて血が飛んだりするとビリーが飛んできてササっと掃除。いいね。

ある時、船頭と客の3人がザバーンと海に飛び込んでキャッキャ言ってる。皆でウンコしてたみたい(笑)。僕もマサコさんも大きいのは巻き上げ中にサメに食われてしまい、後はスリンガー、フエフキ、メガネハギばかり。他の客の釣果はトマトと呼ばれる真っ赤なアザハタが目立った程度。2時ごろまでゆっくり釣って帰還した。釣果ほどほどながら、静かな海でのんびり釣れて気持ちのいい一日だったな。

place : Rocky Bay, KZN, RSA
fish : Englishman