2016年2月16日火曜日

風に吹かれて魚屋さん

ヨハネスブルグのマサコさんとシェリービーチのRiptideで出港。見事なチューブを巻いた波を乗り越えて沖を目指した。
最近マグロ魚影が薄いため船頭は底物釣りを勧めたが、初めての客5人がトローリングを希望。
よし、魚影が薄いなら少しでも確率を上げようと、備え付けの4本に加えて僕もマイロッドでマイルアーを曳いた。
ナブラの上を通過すると僕の竿に初ヒット!ファーストランがギューン、サメがマグロ食ってスッコーン(泣)。
ルアーも一緒に丸ごとロスト。他客は獲ったのに…(号泣)。
マサコさんにはトローリングに食ってボートが止まればすぐにジギングをするように指示してあったが、ぼけーっと見物。
「あ、忘れてた」って、それじゃ釣れんがなw。
2度目のヒット時は僕らのジギングには食わず、掛けた客も全部サメにやられてしまった。残念!

実り少ないトローリングが終わってボトムフィッシングに転向。しかしその時にはもう風が強まっていた。
風速6m/秒ぐらいだが、ボートはスルスルと流され、底取りで糸を送り続けるので仕掛けは遥か前方へ。この繰返し。
マサコさんと僕に掛かるのは放流サイズが多い。マサコさんが釣った王者マッセルクラッカーも赤ちゃんサイズ。
隣で吐いていた船酔客2人は「ゲロが風で飛んでくるからあっち行け」と中乗りに言われ、這うようにして左舷へ。
マサコ:「もう何も吐くもの無いのにゲーゲーして可哀想。どうなっちゃうんでしょうね?」
RJ:「そのうち体が裏返るんだ」
マサコ:「あぁ、タコみたいに(爆)」
ランタンと良型イングリッシュマンを立て続けに釣ったインド人客だけが目立つ中、10:30にあえなく強風早上がりとなった。
翌日に予約していた船も強風出船中止。お土産が全然足りないので、お魚屋さんに行って冷凍イセエビ買ったのす(爆)。

まあ、週のうち4日ぐらいは出船不能なほど荒れるので仕方ない。風は必ず北東か南西、即ち海岸線に沿った向きで吹く。
また湾という地形が無い。結果、全く風裏とか逃げ場が無いというのが当地の悲しいところ。
人を拒んで魚を護るという海神の意志だろうか?マサコさん、女神ならそこんとこ何とかしてちょ!
fish : Slinger, Black Mussel Cracker
place : Shelly Beach, KZN, RSA