2014年12月27日土曜日

2014納竿釣行でカツオとハタ

シェリービーチからMighty Charters出た。8人の乗合。他船から離れて大陸棚のエッジをトローリング。
まずは僕の隣の竿で、85cmのキハダだった。やられた。僕の竿にやっとアタリがあって、60cmのカツオが釣れた。
次、キャプテンが「魚が跳ねてる、投げろ!」と叫ぶ。用意してあったポップクイーンをキャストすると一発で食った。
インクブルーの海にロッドが曲がる。いい引きだ。寄せて中乗りがギャフを打とうとしたらスコッと抜けた。なんでやね~ん!
今の季節は難しいが、ベイトフィッシュが豊富な時期なら、鳥山やナブラでキャスティングがもっと楽しめるはずだ。
トローリングは釣果が8人の客に行き渡る前に切り上げ、9:00からの後半はボトムフィッシングだ。RIMG1384RIMG1385
深場がいいなという僕の思いは例によって早い潮流で却下、いつもの30m立ち。概して砂底で根が点在、という場所だ。
スロージギングで対抗しても釣れないのが分かってきたので、この日はジグサビキ、かつこれにイカ切身を付ける(笑)。
ぼつぼつと釣れるだけの他の客に比べ、こっちは毎回必ず魚が釣れる。放流サイズの小さい鯛類やエソ、ハガツオ。
時折狙っているイングリッシュマンという鯛が掛かるが惜しくもキープサイズ40cmに寸足らずで放流。
サビキは胴打ちハリにワームバケで作ったが、アジ・サバ・イワシの類は全く掛からない。そもそも通常存在しないのか。
ベイトフィッシュの少なさが、この地でのジグへの反応の悪さにつながっているような気がする。
数十匹釣ったところで根掛りして仕掛全損。そろそろ納竿の時間だろうと、新しい仕掛は作らずに鯛ラバを取り出した。
鯛類が多いので、今まで何度も鯛ラバを試しているが全く駄目だった。でもジグと同じく、何とか結果を出さなければ。
リーダーも結ばずにPEに直結して海に落とす。通用するかどうかのテストなので、イカトレーラーは無しね。
周囲でレンコダイがぼつぼつ上がっている中、ゆっくりゆっくり巻いてはフォールを繰り返す。やっぱりあかん。
アクションを変えて、底をネチネチ叩くようにしてみるとガツンとアタリがあった。ついに南アの鯛が鯛ラバで?
いや、この引きはハタだな。上がってきたのはメバルのような黒くて目のデカい魚、ランタン・ロック・コッドの57cmだ。
これにて2014年南アフリカの釣りは納竿、帰ろかっ!
RIMG1388lRIMG1390
place : Shelly Beach, KZN RSA
DSC_0251[1]
place : Shelly Beach KZN RSA